2021/02/25

有野実苑で今年初キャンプ

千葉県の有野実苑で今年初キャンプです。
冬の間は温暖な千葉、特に有野実苑と柿山田に行く機会が多いですね。

Image: 20210220_042618030_iOS.jpg

コンパクトに設営完了

前日から風が強かったのでタープは無し、ステイシーII も 6 箇所のストームガードを全て張っての設営です。
強風なので焚き火は無理かな? と思ったのですがキャンプ場の方にお訊ねした所 「大きく燃焼させなければ大丈夫だよ」との事なのでリフレクタで風をよけながら焚き火も出来ました。 夕食は焚き火で作る予定だったので焚き火ができて本当に良かったです。
念のために薪ストーブも持参しましたが後片付けが面倒なので使わないに超した事はないですね。

Image: 20210220_042640049_iOS.jpg

リフレクタで焚き火の準備

今回も燃料は灯油縛りなのでランチは簡単に肉まんです。 メスティンで蒸す肉まんは手軽で美味しいです。
冬のキャンプには燃料は灯油が一番ですね。予熱とか面倒と言えば面倒ですが圧倒的に熱量が高いので暖房にもなって一石二鳥です。
調理に暖房にとマナスルは大活躍です。

Image: 20210220_044200881_iOS.jpg

イーグルプロダクツのケトルで湯沸かし
Image: 20210220_045033794_iOS.jpg

紅茶の肉まんのランチ

今回はサイトにハンモックを設営できたのでランチ後はハンモックでゆったり読書タイムを堪能します。 2月とは思えない程暖かい気候だったのでハンモックでの読書は本当に快適でした。 Kindle はかさばらず沢山の書籍を携行できるのでとっても便利ですね。

Image: 20210220_050931280_iOS.jpg

ハンモックで読書タイム

夕食は Wolf & Grizzly の Fire Safe と Grill を使って焚き火飯です。
まずはメスティンで炊飯します。 焚き火での炊飯も最初は難しそうに感じていたのですが慣れると意外と簡単に美味しく炊けます。
炊き上がったご飯を蒸らしている時間にすき焼きの準備をします。 今回も野菜は自宅でカットして来たので鍋で煮るだけという簡単調理です (そもそも鍋料理が手軽簡単美味しいと良い所だらけなんですけどね...)。

Image: 20210220_083429611_iOS.jpg

焚き火で炊飯
Image: 20210220_090334712_iOS.jpg

焚き火ですき焼き

食事を堪能したら至福のコーヒータイム。
フレンチローストの珈琲豆をミルで中挽きにして Munieq の チタン製 TetraDrip でドリップします。
豆を挽く時間も珈琲豆を蒸らす時間もドリップする時間も素敵な時間です。

Image: 20210220_110342790_iOS.jpg

至福の一時

美味しい珈琲と一人の静かな時間を堪能...そして千葉の夜は静かに更けていきます。

2021/01/12

ソロキャンプ持ち物リスト 2021 冬版

昨年末のソロキャンプで持参した道具と使わなかった道具を列挙します。
最近は電源サイトで電気毛布を利用しているのでインナーシュラフやシュラフカバーは利用していませんが、 不慮の停電などの事態に備えて念のために最低限の防寒設備は持参する様にしてます。
それにしても荷物が多いですね...ソロキャンプとは思えない程の荷物量なのでもっと減らしたいですね。

テント
キャンパルジャパン ステイシー2 + PVC シート
シュラフ
mont-bell ダウンハガー 800 #3
コット
Thermarest ウルトラライトコット
まくら
mont-bell ULコンフォートシステム ピロー
ローテーブル
キャプテンスタッグアルミテーブル
テーブル
SOTO フィールドホッパー + クッションカバー
アルミテーブル
Linkax アルミテーブル
焚き火グリルテーブル
UNIFLAME クッカースタンド 450
キッチンテーブル
DoD ソトメシンガーZ TB1-567
チェア
ALITE Myfly sling
クッカー
トランギア ストームクッカー セット
カトラリセット
UJack チタン カトラリセット
シェラカップ
UNIFLAME チタン製シェラカップ
ロッキーカップ
Belmont チタン製ロッキーカップ
コーヒーミル
MILLU 黒染 セラミックミル
コーヒードリッパー
Muniq チタン製 Tetra Drip
ペーパーフィルター
汎用品
珈琲豆
アルミ缶 (小分け)
ティーバッグ
タッパー (小分け)
ウォーターバッグ
Evernew ウォーターキャリー 900ml
調味料
無印良品ペンケース + 無印良品ミニボトル
サラダ油
オリーブ油
醤油
赤ワイン
ブランデー
コショウ
マルチ収納ポーチ
LEDランタン
GOALZERO LIGHTHOUSE マイクロランタン
マッチ
UCO ストームプルーフマッチ
ナイフ
Buck 110
ファイアスターター
Bush Craft ファイアースターター
着火剤
ワセリンティンダー
着火剤
麻紐
火吹き棒
ZAFIELD 火吹き棒
ミニ鋸
conifer cone コンパクトフォールディングバタフライソー
焚き火台
Wolf & Grizlly Fire Safe and Grill
煙幕 (リフレクタ)
帆布製 個人作成品
ナイフ
Boker マグナム エルクハンター
ペグハンマー
Jekeno 多機能ペグハンマー
ペグ
Boundless Voyage チタン鍛造ペグ
ランタン
WAQ LEDランタン
ランタン
Snowpeak たねほうずき
オイルランプ
Sierra Design キャンドルスタンド + 雪丘工房オイルランプキット
ランタンスタンド
自作品 (自撮り棒兼用)
チタンペグ (ランタンスタンド固定用)
Vargo チタンペグ
洗剤
GREENMOTION ECO KITCHEN CLEANER + mont-bell ECO SOAP
モバイルバッテリー
iWALK 2000mAh
EDCツール
マルチツール
SQUIRT PS4
トーチ
SOTO マイクロトーチ COMPACT ST-485
LED ライト
OLIGHT S10 BATON
ライター
Exsotac オイルライター
マッチケース
Exsotac アルミマッチケース
灯油
SOTO ポータブルガソリンボトル
アルコール
トランギア フューエルボトル
着火剤
LOGO'S 防水ファイヤーライター 小分け
革グローブ
KINCO'S SUEDE COWHIDE DRIVER
作業グローブ
M-TECH MAD ON WORK グローブ
ソフトクーラーバッグ
SEATLE SPORTS ソフトクーラー 23QT
アルミホイル
DAISO
ペーパーナプキン
DAISO
ウェットティッシュ
DAISO
レジャーシート
DAISO
キャンティーン
Keith チタンキャンティーン
洗濯ロープ
NITEIZE カムジャム + パラコード

その他車キャンプだったので以下のアイテムを持参しました。
寒い時期に必須の薪ストーブ、灯油を使用するストーブとランタン、さらに快適なチェア等です。

タープ
Coleman ヘキサライト II
薪ストーブ
tent-Mark DESIGN ウッドストーブ L
灯油ストーブ
武井バーナー パープルストーブ 301
焚き火台
Monoral ワイヤーフレーム + ステンレスメッシュ
灯油ランタン
Coleman Feather Lantern (ケロシン化済み)
ランタンスタンド
DoD チンアナゴスタンド
灯油タンク
Trangia フューエルボトル XL
電気毛布
YAMAZEN 電気毛布
作業用チェア
LOGO'S ROSY タイニーチェア
USB コネクタ
Anker PowerPort mini

逆に持って行ったが使わなかった物

  • NANGA シュラフカバー
  • SEA TO SUMMIT リアクター
  • PRIMUS P-541 マイクロランタン
  • PRIMUS P-115 フェムトストーブ
  • Hummingbird ハンモック + Hummingbird ストラップ
  • Vargo ディグディグ
  • EKOOS USBカイロ

2020/12/29

伊豆ストーンチェア

今年は本当に色々とありましたが最後に家族でキャンプに行けました!

伊豆稲取にあるストーンチェアキャンプ場で2泊です。

Image: 20201229_060021844_iOS.jpg

ストーンチェアキャンプ場

今回も軟弱に電源サイトで家族ぬくぬくキャンプを愉しみます。
Coleman の 4S TPクレストは設営時のペグ打ちは面倒ですが快適です。 特にこの時期に電源サイトを利用すると前室にホットカーペットを敷く事でとても快適になります。 ホットカーペット + お座敷スタイル + 鍋で寒さ知らずで完璧ですね。

Image: 20201229_053311858_iOS.jpg

電源サイト&薪ストーブで防寒対策はバッチリ

初日は設営したらノンビリと過ごしてすぐに夕食タイムです。
初日の夕食は薪ストーブですき焼きです♪ 自宅から鉄のすき焼き鍋をわざわざ持参した甲斐があったと思える美味しさでした。

Image: IMG_3407.JPG

すき焼き

食事が終わったらまったり焚き火タイムです。
薪ストーブがあるので焚き火はしなくても大丈夫なのですが、焚き火は暖房のためのみに非ず...という事で焚き火タイムです。
ほぐした麻紐 + ワセリンティンダー + フェザースティックの火口に娘がファイアスタータで見事に着火しました(写真や動画を残していないのが残念)。
12月の焚き火は身も心も温まりますね。素晴らしい時間です。

Image: 20201229_073734344_iOS.jpg

Monoral ワイヤーフレームで焚き火

翌日は深夜から午前中一杯は大雨でした。
前日は晴天でしたので油断してテントの周囲に排水溝を掘っていなかったので朝起きるとテントの入り口が湖状態になっていました。
慌てて雨の中簡単な排水溝を作成して水を逃がして何とか事なきを得ましたがテント周りの排水は本当に重要ですね。


午後は晴れたので気を取り直して買い物 & 温泉です。
キャンプ場から車で数十分の所にある舟戸の番屋は海沿いの展望が素晴らしい露天風呂でした。
当日は風が強かったので波が高く温泉につかっていると波しぶきを浴びる程海に近い素晴らしい温泉です。

Image: 20201230_034840277_iOS.jpg

舟戸の番屋

2日目の夜は強風に見舞われました。
TPクレストの前室にも枯れ葉がどんどん舞い込んでくる程の強風なので初めてスカートをペグで固定しましたが、 さすがに Weather Master だけあってスカートを固定すると枯れ葉も入ってこず隙間風も結構防げるので前室が更に快適になりました。
強風のため焚き火も出来ないのでテントの前室に武井バーナーを設置して引きこもっていましたが凄く快適でした。

Image: 20201229_081441167_iOS.jpg

夜は更けていきます

今年は娘が中学校に進学し部活を始めたので家族で過ごせる時間が随分と減ってしまいましたが、 最後の最後に家族でキャンプに来れた事を嬉しく思います。
来年も家族で素敵な時間を共有できる事を願って!

2020/12/21

友人とソロキャンプ x 2

久々に友人とキャンプ。
とは言ってもお互いソロキャンプが身上なので隣同士のサイトでソロ x 2 という構成。
ソーシャルディスタンス時代のグルキャンと言った所でしょうか? (多分違う)

場所は先々週末も行った千葉県は柿山田キャンプ場です。 やはりこの時期のキャンプは多少なりとも温暖な千葉県が良いですね...
予報では若干強めの風が吹くとの事だったので念のために薪ストーブも持参しましたが、 設営や片付け、後始末が面倒なので出来れば使わない方向でまずは設営します。

Image: 20201219_041332771_iOS.jpg

まずはテントと焚き火スペースのシンプルな設営

焚き火スペースは焚き火スクリーン (陣幕) を張ってこぢんまりと秘密基地風に。 この囲まれた感がとても落ち着くんですよね。
この時は焚き火調理を念頭においていたので Wolf & Grizzly の焚き火調理セットでの設営です。

Image: 20201219_041345318_iOS.jpg

男の子ってこういうの好きでしょ?

ランチを食べた後、太陽が傾きだすと急激に気温が下がってきて冷え込んできます(誰だ千葉が温暖なんて言ったのは!... 自分です)
堪らずに重たかろうと面倒だろうと薪ストーブの出番となりました(こういう事もあろうかと...(略。

Image: 20201219_054143921_iOS.jpg

暖かいは大正義

薪ストーブで暖をとりながら珈琲を淹れて至福の時間を過ごしていると、好事魔多し 今度は雨予報 (マジか...
通り雨で1時間程度で止むとの事ですがこの時期に濡れたら確実に身体に良くないので急遽タープまで設営しましたさ。
しかも既に色々と場所を決めてしまっているので無理矢理な後付け小川張りです。

Image: 20201219_120641804_iOS.jpg

急遽タープ設営

無事にタープを張り終えた直後に雨が降ってきました。タープを持って来て良かった良かった(こういう事もあろうk...。
折角タープ張ったんだから雨降らなかったらそれはそれで悔しかったでしょう

気を取り直して夕食タイムです。
薪ストーブを出したので焚き火調理は止めてストーブ調理にします。 今回は鍋をする予定だったのでストーブ調理は最適でした。
前回は すき焼きだったので今回は某アニメで知った坦々餃子鍋です。
元々切ってぶっ込んで煮るだけという手軽なレシピですが、切るを自宅で済ませてきたのでぶっ込んで煮るだけになります。
餃子は市販のチルド餃子、出汁も今回は市販の坦々鍋の素なので鍋一つと薪ストーブでお手軽簡単美味しい餃子鍋の出来上がりです。
最後はこれも自宅から持参したご飯をぶち込んで頂きました。 まじで美味しく身体もぽかぽかに温まりました。冬のキャンプに最適ですね

Image: 20201219_084337531_iOS.jpg

薪ストーブで坦々餃子鍋とソーセージ

Thermarest のコット + mont-bell のダウンハガーシュラフ + 電気毛布でぬくぬくの快適睡眠です。
それもこれも全て電源サイトの恩恵です。ありがとう...電気!

..........

一夜明けたらあたりは真っ白。
流し場の水道もテントもタープもキャンティーンの中身も車もカチカチに氷結してます。
誰だよ千葉が温暖なんて言ったのは!... 自分です

Image: 20201219_213052606_iOS.jpg

一面真っ白な車




久々に気の合う友人と二人でキャンプでした。
最近は家族以外だとソロでのキャンプばかりでしたが、友人とのキャンプも良いですね。
適度に空いていて周囲に他のキャンパーがいなかったので少しだけ遅くまで焚き火を囲んで会話も楽しめました。
多分今年最後のキャンプを友人と本当に素晴らしい時間を過ごせた事に感謝です。

Image: 20201219_122422578_iOS.jpg

ベストショット

2020/12/07

柿山田オートキャンプガーデンでソロ

千葉県の柿山田オートキャンプガーデンでソロキャンプしてきました。
実は 11 月に有野実苑でソロキャンプしてきたのですが、blog に記事を投稿していないので久々の投稿です。
この時期はやはり電源サイトが色々と安心なので自分の中では定番とも言える柿山田オートキャンプガーデンに行ってきました。

ずっと晴れの予報だったのですが当日は朝から雨...
天気予報によると午後には止みそうとの事だったので一念発起して (大げさ) 出発しましが、 昼過ぎに現地に到着しても微妙に降ったりやんだりの雨模様だったので、久々の小川張りで設営しました。 買ってから一度も使わずにしまいこんでいた Coleman 社の小川張り用テープ (何か変な表現だ) を初めて使ってみましたが、これ良いですね。 一通り張り終わってから長さの調節が出来るので小川張りが凄く綺麗に張れました。

Image: 20201205_045246973_iOS.jpg

Stacy ST-II で小川張り

設営が終わったら少し遅めのランチタイムです。
今回は燃料を灯油縛りにしてみた (緊急用に Primus のフェムトストーブは持参しましたが...) ので、 ランチはマナスルス 121 と武井パープルストーブ 301a で作ります。 灯油燃料は予熱や扱いが若干面倒ではありますが燃焼自体が暖かいのでこの時期は本当に手放せません。
ランチは手軽にティーバッグの紅茶とホットサンドで済ませちゃいます。

イーグルプロダクツのキャンプファイヤーケトルは真鍮製の火器に絶妙に似合う気がします。

Image: 20201205_060002548_iOS.jpg

灯油縛りでランチ準備

Image: 20201205_060815675_iOS.jpg

ホットサンドと紅茶で遅めのランチタイム

ランチが終わって一息ついたら待望の焚き火タイムです。
帆布製の焚き火陣幕を張ると秘密基地感が盛り上がりますね〜!
ソロキャンプなので焚き火台を中心に周囲に必要な物を取りそろえて焚き火秘密基地的雰囲気です。

ちなみにランタンは Coleman の Feather Lantern (229-726J) ですが改造してケロシン化してあります (と言ってもジェネレータはケロシン/ホワイトガソリン共用可能の様なのでアルコールを入れるための予熱カップを追加しただけですが)。

Image: 20201205_081222132_iOS.jpg

秘密基地!

夕食は焚き火で作る事にしたので焚き火は Wolf & Grizzly の Fire Safe と Grill での設営です。
チタン製ロッキーカップと木の蓋で炊飯をしながら小型の鉄鍋ですき焼きの準備です。
(実は先日某 TV 番組で某ソロキャンプで有名な方が焚き火ですき焼きをしていたのを見かけて食べたくなりました。)
焚き火で食事の準備は普通のバーナーに比べると火加減が難しかったりちょっと大変ですが楽しめますね。

Image: 20201205_085238715_iOS.jpg

焚き火で炊飯 & すき焼き

火加減が難しいのですがご飯はふっくらと美味しく炊けました。 熱伝導率が低いので難しいチタン製のロッキーカップでしたが焚き火の強火が功を奏してかとても美味しく炊き上がっています。
当然ですがすき焼きは死ぬほど美味しかったです。
焚き火飯最高!!

Image: 20201205_090609854_iOS.jpg

ご飯も美味しく炊き上がりました

Image: 20201205_085749784_iOS.jpg

すき焼きウマー!!

食事の後は焚き火を愛でながらノンビリ珈琲タイム。
この至福のひとときがキャンプで一番好きな時間です。
ファミリーや友人とのキャンプも捨てがたいですがこの時間はソロキャンプの醍醐味ですね!

Image: 20201205_113459238_iOS.jpg

至福のひととき

そしてソロキャンプの夜は静に更けゆくのでした

Image: 20201205_081207151_iOS.jpg

To be continue ...

2020/10/30

it's glorious day.


Because you always bring so much happiness to others, you're wished a day full of happiness and pleasures that last.

2020/09/11

Solo at Tiny Camp Village

COVID-19 の影響で自粛していたので実に半年ぶりのキャンプです。
職場の夏休みを利用して七沢温泉にある Tiny Camp Village に行って来ました。
名前の通り小さなキャンプ場なので休日の予約は非常に困難なのですがさすがに平日は予約できました。

Image: 20200908_043933757_iOS.jpg

Tiny Camp Village

9月とは言え非常に暑いのでステイシー ST-2 のセルフスタンディングテープを利用して インナーテントなしのフライシートとサーマレストのメッシュコットで設営しました。

Image: 20200908_075648538_iOS.jpg

ステイシー ST-2 フライシート設営

設営した後はノンビリと珈琲を愉しみながらの読書タイム。
セミの合唱を聴きながら Kindle で読書三昧の優雅な時間を過ごします。

あまりにの暑さに食欲がなくなりランチを抜いたので早めの夕食にします。
B-6 君をゴトク替わりにしてアルコールストーブとメスティンで炊飯した後は、 塩胡椒で味付けた豚バラ肉、赤ワインでフランベしたステーキ肉で夕食を愉しみます。 今回は自宅から1時間程度の距離なので前日に自宅近所のスーパーで買い出しをした食材を持参したのですが、 何と! 野菜を忘れるという失態をおかしてしまいました。
夕食は肉のみです…

Image: 20200908_080027711_iOS.jpg

メスティンで炊飯


Image: 20200908_084103307_iOS.jpg

定番の豚バラ網焼き


Image: 20200908_090034173_iOS.jpg

定番のステーキ

夕食の後はまたまた珈琲を飲みながらのまったりタイムです。
暑かったので焚き火をする予定はなかったのですが、ついつい一束だけ焚き火しちゃいました。
直火可のサイトですが灰の処理を手軽にするために Wolf & Grizzly のファイヤーセーフで焚き火です。

Image: 20200908_112455421_iOS.jpg

Wolf & Grizzly のファイヤーセーフで焚き火

Tiny Camp Village は評判通り本当に素晴らしいキャンプ場でした。 親切で丁寧なオーナの人柄が表れていると思います。
水回りやトイレはとても綺麗に管理されていてとても快適です。
そして夜は余計な灯りなどがないので本当に真っ暗になります。

Image: 20200908_043832440_iOS.jpg

共用スペースの JIG HOUSE


Image: 20200908_122705661_iOS.jpg

また来ます!

2020/07/30

作業環境

COVID-19 の影響で 2 月から完全自宅勤務になったので、 自宅の作業環境を整えてみました。

Image: 20200730_013237043_iOS.jpg

作業スペース

メインマシンの MacBook Pro はデスク横の台に設置して Belkin の Thunderbolt 3 Dock Pro 経由で給電かつモニタ出力です。 モニタは作業場所 (デスクのサイズ) の関係で 23.8 インチの Dell P2415Q を選びました。 少し古めの設計ですが 60Hz の 4K 対応の割に安価なので満足しています。

Image: 20200730_031841179_iOS.jpg

Belkin Thunderbolt 3 Dock Pro

Belkin の Dock Pro は 85w で MacBook Pro に給電しつつ 4K のモニタ出力や USB ハブとして機能するので非常に便利です。 問題は少し高価な事なのですが、今回は貸与された MacBook Air の備品扱いとして職場で購入して貰えたのでラッキーでした。

ディスプレイの横には職場から貸与された MacBook Air をサブマシンとして設置しています。 こちらは職場の連絡用の Slack や Zoom などを常時起動しています。 作業終了後などでも気軽に自宅内を持ち歩いてちょっとした作業や調べものなどに重宝しています。

音響は少し奮発して B&W の MM-1 を調達しました。USB DAC 内蔵のアクティブスピーカーなので、 MacBook Pro からは 上記の Dock Pro 経由で USB 接続していますが、さすが老舗オーディオメーカーの製品だけあって素晴らしい音質です。 既に随分以前に廃盤となった製品なのですが eBay で程度の良い中古品をゲットできました。

Image: 20200730_032052347_iOS.jpg

B & W MM-1

真ん中に見える白いのは無印良品のポータブルアロマディフューザーです。 こちらは加熱せずにアロマオイルの原液をファンの微風で拡散させるタイプ。 説明書によると有効範囲は 50cm 程度との事ですが、香りが強すぎず良い感じです。 普段作業時はヒノキかホワイトムスクを仄かに香らせています。

Image: 20200730_031919075_iOS.jpg

無印良品 ポータブルアロマディフューザ

2020/07/22

awk による IPv4 アドレスのマッチ処理

標準入力から入力されるテキストデータから IPv4 アドレスを awk(1) を利用して抽出する。
その際に CIDR 形式でないアドレスに関しては末尾に "/32" を付与して CIDR 形式にして出力する。

  1awk '{
  2    if(match($0, /([[:digit:]]{1,3}\.){3}[[:digit:]]{1,3}(\/[[:digit:]]{1,2})?/))
  3        print match((ip = substr($0, RSTART, RLENGTH)), /\/[[:digit:]]{1,2}/) ? ip : ip "/32";
  4}'
    

1 行目の match() 関数で入力データから正規表現を利用して IPv4 アドレスを抽出し、 2 行目の substr() 関数を利用してマッチした範囲を切り出して IPv4 アドレスを変数 ip に格納している。 2 行目の match() 関数で変数 ip に格納された IPv4 アドレスにに CIDR 部分があるかを調査し、 CIDR 部がない場合は "/32" を付与して出力している。

IPv4 アドレスは "192.0.2.1" の様に「0 から 9 までの数字 1 桁から 3 桁が "." を挟んで 4 組連続する」形式で、 CIDR は "/24" の様に「"/" に続いて 0 から 9 までの数字 1 桁から 2 桁」なので、 正規表現は

[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}\.[0-9]{1,3}(\/[0-9]{1,2})?
となるが、 煩雑になるので
([0-9]{1,3}\.){1,3}[0-9]{1,3}(\/[0-9]{1,2})?
とまとめ、 更に数字部分を POSIX クラスに置き換えて
([[:digit:]]{1,3}\.){1,3}[[:digit:]]{1,3}(\/[[:digit:]]{1,2})?
とした。

入力データ中の IPv4 アドレスが重複する可能性がある場合は、直接出力せず一度連想配列に格納する事で uniq(1) 相当の処理も可能となる。

  1awk '{
  2    if(match($0, /([[:digit:]]{1,3}\.){3}[[:digit:]]{1,3}(\/[[:digit:]]{1,2})?/))
  3        list[match((ip = substr($0, RSTART, RLENGTH)), /\/[[:digit:]]{1,2}/) ? ip : ip "/32"] = 1;
  4} END {
  5    for(i in liset)
  6        print i;
  7}'
    

2020/02/07

前回のソロキャンプで実際に使った道具

ソロキャンプで持参する荷物を見直すために前回のキャンプで実際に使った道具を列挙してみます。
今回は電源サイトで電気毛布を利用したのでインナーシュラフやシュラフカバーは利用しませんでした。

テント
キャンパルジャパン ステイシー2 + PVC シート
シュラフ
mont-bell ダウンハガー 800 #3
エアマット
mont-bell ULコンフォートシステム エアパッドワイド180
まくら
mont-bell ULコンフォートシステム ピロー
湯たんぽ
CLO'Z やわらか湯たんぽ
アルミテーブル
キャプテンスタッグアルミテーブル
ミニテーブル
SOTO フィールドホッパー + クッションカバー
アルミテーブル
Linkax アルミテーブル
焚き火グリルテーブル
UNIFLAME クッカースタンド 450
キッチンテーブル
DoD ソトメシンガーZ TB1-567
チェア
ALITE Myfly sling
グリル
笑'S Mr.B-6
鉄板
M.M.Factory 極厚鉄板
クッカー
トランギア メスティン
クッカーケース
オレゴニアキャンパー メスティンウォームキーパー
アルコールストーブ
トランギア TR-B25
カトラリセット
UJack チタン カトラリセット
ポット
TOAKS チタニウムポット
カップ
TOAKS チタニウムカップ 375
シェラカップ
UNIFLAME チタン製シェラカップ
珈琲ドリッパ
Muniq チタン製 Tetra Drip
ペーパーフィルター
汎用品
珈琲ミル
MILLU 黒染 セラミックミル
珈琲豆
アルミ缶 (小分け)
ティーバッグ
タッパー (小分け)
調味料
無印良品ペンケース + 無印良品ミニボトル
サラダ油
オリーブ油
醤油
赤ワイン
ブランデー
コショウ
マルチ収納ポーチ
LEDランタン
BlackDiamond ReMoji
LEDランタン
GOALZERO LIGHTHOUSE マイクロランタン
マッチ
UCO ストームプルーフマッチ
ナイフ
Buck 110
ナイフ
Boker MAGNUM エルクハンター
LOGO'S エコココロゴス
ペグハンマー
Jekeno 多機能ペグハンマー
ペグ
Boundless Voyage チタン鍛造ペグ
ランタン
WAQ LEDランタン
ランタンスタンド
自作品
チタンペグ (ランタンスタンド固定用)
Vargo チタンペグ
洗剤
GREENMOTION ECO KITCHEN CLEANER + mont-bell ECO SOAP
モバイルバッテリー
iWALK 2000mAh
マルチツール
SQUIRT PS4
トーチ
SOTO マイクロトーチ COMPACT ST-485
LED ライト
OLIGHT S10 BATON
着火剤
LOGO'S 防水ファイヤーライター 小分け
革グローブ
KINCO'S SUEDE COWHIDE DRIVER
作業グローブ
M-TECH MAD ON WORK グローブ
ソフトクーラーバッグ
SEATLE SPORTS ソフトクーラー 23QT
ペーパーナプキン
DAISO
レジャーシート
DAISO
キャンティーン
Keith チタンキャンティーン
洗濯ロープ
NITEIZE カムジャム + パラコード

その他車キャンプだったので以下のアイテムを持参しました。
寒い時期に必須の薪ストーブ、灯油を使用するストーブとランタン、さらに快適なチェア等です。

薪ストーブ
tent-Mark DESIGN ウッドストーブ L
灯油ストーブ
武井バーナー パープルストーブ 301
灯油ランタン
Petoromax HK500 ドイツ軍仕様
ランタンスタンド
UJack ハンマーランタンスタンド
灯油タンク
Trangia フューエルボトル XL
フォールディングチェア
ADIRONDACK キャンパーズチェア
作業用チェア
LOGO'S

逆に持って行ったが使わなかった物
料理は Mr.B-6 とメスティンでほぼ事足りたのでコッヘルやシェラカップ類は利用しませんでした。

  • FIELDER テント用追加ポール
  • NANGA シュラフカバー
  • SEA TO SUMMIT リアクター
  • FIELDER チェア
  • UNIFLAME シェラカップセット
  • BELMONT チタン製ロッキーカップ + チタンリッドM
  • BELMONT チタンコッヘルセット
  • PRIMUS EXQUIZA EX-ULT-1 チタンバーナー
  • PRIMUS スパイダーキット
  • PRIMUS P-541 マイクロランタン
  • PRIMUS P-115 フェムトストーブ
  • UNIFLAME 焚き火台
  • Hummingbird ハンモック + Hummingbird ストラップ
  • ウェットティッシュセット
  • EDC ポーチ
  • Vargo ディグディグ
  • Trangia アルコールボトル
  • EKOOS USBカイロ
  • Arc'teryx アラキス
  • DoD さすらいタープ
  • 平ゴム


Copyright © 2008-2020 Mitzyuki IMAIZUMI. All rights reserved.