2022/01/20

2022 年度版 - ソロキャンプ持ち物リスト

ソロキャンプの持ち物リスト 2022 年秋冬版です。
自分がキャンプに行く際の持ち物リストなので、自分の持ち物に特化しているため汎用性は無いと思いますが参考になれば。

勿論これらを全て持参する訳ではなく行き先や天候に応じて取捨選択しています。

テント
ペグ
タープ
シュラフ
寝具
テーブル
チェア
クッカー
カトラリ
ケトル
キャンティーン
ウォーターバッグ
グリル
ストーブ
嗜好品
クーラーバッグ
調味料セット
ナルゲン広口ボトル 30ml
  • サラダ油
  • オリーブ油
  • 醤油
  • 味醂
  • 赤ワイン
  • ブランデー
  • コショウ
  • 砂糖
無印良品 ポリプロピレンペンケース 横型 大 + 無印良品PET小分けボトル 12ml
  • サラダ油
  • オリーブ油
  • 醤油
  • 赤ワイン
  • コショウ
  • 黒瀬スパイス
ランタン
ランタンスタンド
焚き火
ナイフ
EDCツール
グローブ
ロープ
燃料
着火剤
洗剤
ハンモック
モバイルバッテリー
エマージェンシーキット
シューズ
日用品
衣類
セット品
Trangia ストームクッカー セット
Trangia メスティンセット
Belmont チタンクッカーセット
ガス器具ポーチ
湯沸かしセット
マルチ収納ポーチ
MAXPEDITION ポーチ
ファイアスターター
ファイアスターター
冬期装備

出発前の追加・確認
  • 調味料
  • 珈琲豆
  • その他食料品
  • ペーパーフィルター
  • 紅茶/緑茶パック
  • ペーパーナプキン
  • アルミホイル
  • ウェットティシュ
  • ゴミ袋
  • スポンジ

なるべくメーカーなど一次情報にリンクしていますが、 Amazon で購入した中国製の品物などメーカー公式サイトが不明なモノなどについては Amazon 等外部のサイトにリンクしています。

2022/01/19

武井バーナー パープルストーブ 301A のメンテナンス

この時期のキャンプでは大活躍してくれる「武井バーナー パープルストーブ 301A」ですが、 先日から燃焼中に割と短い時間 (5分程度) で火力が自然に低下していく問題が発生していました。 そこで、まずは分解して清掃した所症状は緩和されたので作業内容を残しておきます。

この投稿は同様の症状の方々のお役に立てればと思って書きましたが内容に関しては保障できません。 あくまでも個人の作業メモという位置づけでご覧下さい。

タンクから燃料を抜く。
抜かなくても作業はできますが安全のために燃料を抜く事をお勧めします。
燃料を抜かない場合でも燃料タンクに圧力が残っているとニップルを外した時に燃料が噴き出しますのでタンク内の圧力はすべて逃がします。
ニップルを抜く。
専用工具を利用してニップルを反時計回りに回転してニップルを抜きます。

Image: 20220117_053842861_iOS.jpg

真ん中に見えるのがニップルです

Image: 20220117_053908211_iOS.jpg

ニップル用の専用工具

Image: 20220117_053932278_iOS.jpg

専用工具でニップルを緩めて抜きます

※ 武井バーナーを運用する上でニップルの抜き差しは頻繁に行う事になるので、専用工具は所有しておいて損はないと思います。
針付きギアを抜く。
調整ハンドルを反時計回りに回すと針付きギアが出てくるのでピンセットなどでつまんで引き抜きます。
先端がとても細い針となっているので曲げたり傷つけたりしない様に注意します。

Image: 20220117_054019581_iOS.jpg

真ん中に見えるのが針付きギアです
ピニヨン押さえ六角ナットを抜く。
10mm のスパナ等でピニヨン押さえ六角ナットを緩めます。

Image: 20220117_054058575_iOS.jpg

ピニヨン押さえ六角ナット
ピニヨンギアを抜きます。
モールドパッキンの影響で結構強めの力で引かないと抜けません。
傷防止のために当てゴム等で養生してからプライヤやラジオペンチ等で引き抜きます。

Image: 20220117_054126884_iOS.jpg

ピニヨン押さえナットを外した所

真ん中に見えている棒状のものがピニヨンギアです。
バイスプライヤを利用すると抜く作業が多少楽になるかも?
ピニヨンギアから座金とモールドパッキンを引き抜く。
ピニヨンギアには座金 2 枚とモールドパッキンが入っているので抜きます。 座金は密着しているので 1 枚に見えますが実は2枚重なっています。
モールドパッキンはネジを締めた時に圧縮されて変形する事で密着するパッキンです。 そのため、変形や損傷が激しい場合は新品に交換する事をお勧めします。
Image: 20220117_054159564_iOS.jpg

ピニヨンギア

向かって左側が座金、右側がモールドパッキンです。モールドパッキンが随分と変形しています。
これで全ての部品がはずれたの洗浄します。
私はオートバイ用のクリーナーキャブを利用して洗浄しました。 ニップルの穴、針付きギアの針の部分を重点的に洗浄します。
バーナー本体のニップルが装着されている部分に洗浄用ケミカルを浸した綿棒を差し込んで拭き取ります。
洗浄は利用するケミカルの注意書きに従って行って下さい。

Image: 20220117_054233846_iOS.jpg

今回外した部品

これらの部品を丁寧に洗浄します。真鍮製の部品もあるので金ブラシ等で力を入れすぎると傷付いたり破損するので要注意です。
組み付け
洗浄が終わったら外した時と逆の順番で組み付けます。
前述した通りモールドパッキンは変形するので新品を装着した場合は少し長めです。 そのためピニヨン押さえナットで押しつけながら締め込む感じになります。
針付きギアのギア部分はピニヨンギアの歯車とかみ合う感じになります。
ニップルを仮締めした状態で調整ハンドルを回して針付きギアがスムーズに上下する事を確認して下さい。
動作前確認
ピニヨン押さえナットとニップルを本締めします。
調整ハンドルがスムーズに回転する事、 調整ハンドルを反時計回りに回し切った時にニップルの穴から針が少し出ている事を確認します。
次にポンプを使って加圧し調整ハンドルの根元から燃料が漏れていない事を確認したら作業は終了です。

締める力が緩いと不正燃焼したり燃料漏が漏れたりします。 かと言って、あまり強い力でネジを締めるとネジや本体が破損してしまうので締め込む時には細心の注意が必要です。 緩めた時の力加減を覚えておいて締め付ける時に大体その力で締め込むようにします。
燃焼確認
燃料漏れなどが無ければ燃焼させて動作を確認します。

これで作業は完了です。 お疲れさまでした。

2022/01/17

柿山田オートキャンプガーデン PDCA

先日の 柿山田オートキャンプ の持ち物の PDCA です。

テント
ペグ
タープ
シュラフ
寝具
テーブル
チェア
クッカー
カトラリ
ケトル
キャンティーン
ウォーターバッグ
ストーブ
嗜好品
調味料セット
ナルゲン広口ボトル 30ml
  • 醤油
  • 味醂
  • コショウ
ランタンスタンド
焚き火
ナイフ
EDCツール
グローブ
ロープ
燃料
着火剤
洗剤
ハンモック
モバイルバッテリー
エマージェンシーキット
シューズ
日用品
衣類
セット品
マルチ収納ポーチ
湯沸かしセット
冬期装備

雨が降ったらタープを設営する予定でしたが降らなかったのでタープは使用しませんでした (想定内)。
同行した友人からアルミローテーブルを譲り受けたので持参したテーブルが殆ど不要になったので次回からはテーブルを減らします。
食材とともにご飯も持参したのでメスティンは不要になりました (半ば想定内)。
多喜火鉈を導入した結果バトニング用のナイフは不要になりました。

2022/01/16

柿山田オートキャンプで友人と今年初キャンプ

あけましておめでとうございます

例によって仲の良い友人と二人でデュオキャンプです。 場所は恒例の千葉県柿山田オートキャンプガーデンです。

実は昨年末に久々のファミリーキャンプで同じ所に行って来ました。 しかも今回利用したサイトの隣のサイトだったんです…

Image: 20220115_062200280_iOS.jpg

毎度おなじみ柿山田オートキャンプガーデン

今回は (今回も) 取り立てて紹介する事もないので柿山田オートキャンプガーデンの紹介でも...

炊事棟は清潔で手入れが行き届いています。
蛇口から出るお水は天然水なので美味しく、特にこの水で淹れた珈琲は格別です。
お湯は出ませんが天然水なのでそこまで冷たくないです。

Image: 20220115_061944872_iOS.jpg

炊事棟

トイレは男女別々で温水洗浄機能付きの暖房便座なので冬も安心です。
清潔で掃除も行き届いています。
照明は自動点灯なので夜でも安心です。

Image: 20220115_061951828_iOS.jpg

トイレ

サイトは A、B、C、D、E そしてリバーサイドと有り結構大規模です。
今回は A8 というサイトで広くてプライベート感もあり川沿いの素晴らしいサイトでした。
施設の利用者なら無料で利用できるバトミントンコートやフットサルコートなどもあり楽しめます (おっさん二人の我々には無縁な施設ですが...)。

Image: 20220115_062225576_iOS.jpg

場内案内図

今回は久しぶりに mont-bell のクロノスドームを持ってきました。
前回利用したのが 2019年の5月なので2年半以上ぶりになりますが、やはり良いテントですね。

Image: 20220115_025033888_iOS.jpg

久々のクロノスドーム

夕食は自宅から持参した食材を使って焚き火で鍋料理です。
ピコグリルと UNIFLAME の焚き火鍋を使ってホタテ貝柱とカニほぐし身の缶詰に白菜、 ネギ、大根、しめじ、厚揚げ加えて酒、塩、味醂、醤油で味を調えただけですが絶品でした。 缶詰食材の出汁がよく出ているので出汁いらずで簡単、美味しい、温まると良い事ずくめです。

Image: 20220115_083129754_iOS.jpg

夕食の調理中

夜の間に充電するのを忘れてしまっていたので朝起きたら電池切れしてました。
おかげで翌日の写真はありません...寒さもあって電池の減りが早かったです。

Image: 20220115_134435206_iOS.jpg

手前の武井君と奧のマナスル君の共演


Image: 20220115_080627490_iOS.jpg

Vapalux の E41 もデビューしました

2021/12/21

娘と二人でデュオキャンプ in UJack むつざわ

千葉県の UJack むつざわキャンプ場で娘と二人でキャンプしてきました。
このキャンプ場は 今年の4月にも訪れました が、 アウトドアメーカの UJack が運営している会員制のキャンプ場です。
空いている時は非会員でも利用できるので今回も利用させて頂きました。

Image: 20211218_070605388_iOS.jpg

UJack むつざわキャンプ場

空きサイトの関係でオートサイト一つのスペースになりましたが、テント、焚き火、夕食をそれぞれ別々にするデュオキャンプ的な設営です。
私は NEMO のダガーストーム 2P、娘は mont-bell のクロノスドーム2型をそれぞれ使いました。
その他 Coleman の Peak1 400A ストーブ、monoral ワイヤーフレーム Lite 焚き火台、Boker エルクナイフなどを娘専用に用意しました。

Image: 20211218_034823634_iOS.jpg

ソロ x 2 での設営

今年一番の寒気が来ているとの事でとても寒かったので昼間から武井バーナーと焚き火三昧です。

Image: 20211218_071606448_iOS.jpg

二人で焚き火三昧

Image: IMG_3108.jpg

娘が育てた焚き火

今回は GRIP SWANY のファイアープルーフダウンパンツを導入しましたが、とても暖かく焚き火の火の粉で穴もあかず素晴らしいパンツです。
同時に Danner の Freddo ミドルカットブーツもキャンプデビューでしたが、こちらも暖かく脱ぎ履きも簡単で下半身はとても快適でした。

Image: 20211218_065315210_iOS.jpg

ダウンパンツとブーツ

夕食は私は定番の焚き火ですき焼き、娘は味噌煮込みうどんを作っていた様です。
この時期は鍋料理が味しくて身体も温まるので良いですね。

Image: 20211218_092034254_iOS.jpg

焚き火ですき焼き

Image: IMG_3109.jpg

味噌煮込みうどん

朝起きると夜のうちに降りた霜で辺り一面真っ白でした。
慌てて武井バーナーと焚き火を熾して暖を取りましたがテントからテーブル、キャンティーンまで凍り付いて真っ白でした。

Image: 20211218_221141305_iOS.jpg

凍てついたテーブルの上の武井バーナー

Image: 20211219_093422922_iOS.jpg

霜で真っ白な NEMO ダガーストーム

Image: 20211218_221117103_iOS.jpg

見るからに冷たそうなチタンキャンティーン

娘に貸していた Coleman の Peak1 がチェックバルブの突然の故障でちゃんと燃焼できず、 薪の残りも少なかったので朝食は二人で一緒に作って食べました。
例によって冬場のキャンプは燃料を灯油しばりにしているのでマナスルを使い私はメスティンで肉まんを蒸し、 娘はホットサンドメーカーで焼き肉まんを作って朝食にします。

Image: 20211218_230326729_iOS.jpg

マナスルとメスティンで朝食の肉まん

Image: IMG_3111.jpg

ホットサンドメーカーで焼き肉まん

娘は初めてのソロ(に近い)キャンプでしたが大きな失敗もなく楽しく過ごせた様です。 テントの設営も焚き火の火熾しも夕食の支度から煮込みまで全て殆ど一人でこなし、夜も一人でテントの中でぐっすり寝れた様です。
中学生なので当然なのですが成長を実感しました。

本人も楽しかった様で次は隣り合わせや少し離れたサイトで別々なキャンプを、 そしていつの日か本当に一人でキャンプに行きたいと目を輝かせていました。

2021/11/15

ソロキャンプ PDCA

先日のソロキャンプでの持ち物のうち使った物と使わなかった物です。

テント
ペグ
タープ
シュラフ
寝具
テーブル
チェア
クッカー
カトラリ
ケトル
キャンティーン
ウォーターバッグ
グリル
ストーブ
嗜好品
調味料セット
ナルゲン広口ボトル 30ml
  • ごま油
  • コショウ
ランタン
ランタンスタンド
焚き火
ナイフ
EDCツール
グローブ
ロープ
燃料
着火剤
洗剤
ハンモック
モバイルバッテリー
エマージェンシーキット
シューズ
日用品
衣類
セット品
ガス器具ポーチ
湯沸かしセット
マルチ収納ポーチ
ファイアスターター
冬期装備

テーブル類はついつい多めに持参してしまいますが今回は夕食が焚き火 + 鍋でしたのでテーブルは少なくて良かったですね。
Wolf & Grizzly のグリルは予備として持参しましたが PICOGRILL + トライポッドで不要でした。
今回は丁度良い樹がなかったのでハンモックは利用できなかったのが残念です。
車移動の場合、往復の車中で充電できるのでモバイルバッテリも減らせそうです。
緊急用や EDC として持参しているツール類は意外と出番が少ないです(緊急用だから当然ですが)。

この時期のキャンプは防寒対策を含め荷物が増えがちですがもっとコンパクトに整理したいですね。

2021/10/18

7inch CAMP

週末を利用して山梨にある 7inch CAMP (ナナインチ キャンプ) に行ってきました。
ここは 2021年10月にオープンしたばかりの新しいキャンプ場です。

週末には慢性的な中央高速の渋滞を避けるために早朝5時に自宅を出発して勝沼インターを目指します。
途中の談合坂SAで朝食や休憩を取っても早く着きすぎてしまうので、キャンプ場入り口を素通りしてまずは乙女湖に向かいました。

乙女湖は琴川ダムによって作られた人造湖の様ですがとても綺麗でした。 鏡の様な湖面に景色が綺麗に反射しています。

Image: 20211016_000911291_iOS.jpg

鏡の様な湖面

追加料金を払う事で朝10時からチェックイン可能との事でしたので、乙女湖で時間を潰した後はキャンプ場に向かいます。
手作りの柵に区切られた広めのサイトで、足下は砂利なので水はけも良さそうです。

Image: 20211016_024440158_iOS.jpg

広めのサイト。手作りの柵が良い感じです

早めのチェックインなので設営の後は時間がたっぷりあります。
例によって携帯ミルで挽いた珈琲豆を Muniq のテトラドリップでドリップします。 挽きたての豆で淹れたての珈琲の香りを愉しみながら Kindle で読書など満ち足りた時間を贅沢に過ごします。 午前中からこんなにノンビリできるのは素晴らしいですね。

Image: 20211016_061329719_iOS.jpg

定番の珈琲タイム

午前中は雲がかかっていたので気づきませんでしたが、雲が晴れるとサイトから富士山がよく見えました。
これからの季節は空気が澄んでいるので景色がとても綺麗に見えます。 夕暮れ時の富士山がとても素敵でした。

Image: 20211016_080254413_iOS.jpg

夕映えの富士山

Image: 20211016_082453393_iOS.jpg

ランタンと焚き火

10月中旬とは言え夕方以降は冷え込みます。いよいよ焚き火の季節ですね。
キャンプ場で購入した薪は割と大きめの広葉樹の薪だったので暫く薪割をした後は焚き火タイムです。
夕食は半年ぶりに焚き火飯ですき焼きにしました。

メスティンを使った焚き火の炊飯もすっかり慣れました。

Image: 20211016_083206479_iOS.jpg

メスティンで炊飯

Image: 20211016_085918676_iOS.jpg

冬の定番 すき焼き

翌日は朝から冷たい雨が降っていました。 そぼ降る雨の中焚き火は諦め武井バーナーで暖を取ります。
サイトは水はけが良く水たまりもなく泥で汚れもなかったのは素晴らしいです。

Image: 20211016_233243987_iOS.jpg

今年初武井くん

朝食を済ませた後は渋滞をさけるために早めに家路につきました。

オープンしたばかりで設備はまだ整っていない点も見受けられますが、オーナーの人柄もよく魅力的なキャンプ場でした。
また是非伺いたいです。

2021/09/27

西伊豆方面ソロツーリング

久々にバイクでお出かけしてきました。
高速を使って楽しつつ西伊豆まで中距離ツーリングです。

Image: 20210924_020801658_iOS.jpg

好天に恵まれました (日頃の行い)

東名高速から伊豆縦貫自動車道を経由して大仁からだるま山高原のレストハウスで休憩。
修善寺からだるま山までの県道18号線 (修善寺戸田線) は中速から高速のコーナーが連続していて オートバイで (勿論車でも) 走るととても気持ちが良い道路で大好きな道です。 だるま山高原レストハウスで休憩した後は戸田峠ではなく西伊豆スカイラインを利用して南下しました。

西伊豆スカイラインもとても気持ちが良い道なので、景色を見ながらノンビリと自分のペースで走ります。
途中、土肥駐車場では休憩を兼ねてお湯を沸かして珈琲タイムを愉しみます。 とても天気が良く暑すぎず寒すぎずとっても快適な時間を過ごせました。

Image: 20210924_013819634_iOS.jpg

アルコールストーブで湯沸かし中
出かける時は基本的にお茶セットは常備しています。 基本はアルコールストーブとチタンマグのセット + チタンシエラカップがメインですね。

Image: 20210924_013810192_iOS.jpg

バイクも風よけとして活躍中です
水は現地調達する事が多いですが念のためにエバニューのバッグで持参しています。

Image: 20210924_014942613_iOS.jpg

淹れたての珈琲は美味しいです
珈琲はミルとドリッパを持ち歩いていますが面倒な時はドリップパックで妥協しています。 今ドキのドリップパックは美味しいので侮れません。

Image: 20210924_015113160_iOS.jpg

素晴らしい天気に乾杯

西伊豆スカイラインから土肥峠を経由して国道136号線で西海岸に出たら海沿いの県道17号線を北上します。
戸田の「の一食堂」でランチを食べようと考えていたのですが何と休みでした。
しょうがないので戸田峠を登り再びだるま山高原レストハウスを経由して修善寺まで。
以前行った事がある「あまご茶屋」もテイクアウトのみ営業との事であえなく玉砕。
修善寺でランチを食べたらサイクルスポーツセンターを経由して伊豆スカイライン方面に向かう予定でしたが、 西伊豆ランチ難民となったので修善寺ICから伊豆縦貫道を使って伊豆ゲートウェイ 函南に向かいます。

Image: 20210924_040939647_iOS.jpg

やっとありついたお寿司

さすが道の駅だけあってなんとか昼食にありつけました。 お腹空いていたのと2軒も振られたのと相まって少し高めのランチとなってしまいました。

遅めのランチ後はそのまま新東名〜東名経由で海老名SAでのトイレ休憩とドリンク休憩だけでまっすぐ帰宅です。
多少の渋滞はありましたが無事帰宅できました。

Image: 20210924_020723527_iOS.jpg

SUZUKI の SV650 というバイクです

当日夜から翌日にかけて身体中 (特に下半身) の筋肉痛と腕、脚の攣りが酷く年齢を実感しましたさ...

2021/09/15

Tiny Camp Village

遅めの夏休みをとって Tiny Camp Village にお邪魔して来ました。
自宅から車で1時間程度の場所にあり、すぐ近所に日帰り入浴もできる温泉があったり、 徒歩圏にコンビニもあるのでとても便利で素晴らしいロケーションのキャンプ場です。

以前訪れたのは去年の9月なので、丁度一年ぶりの再訪となりました。

Image: 20210913_042918152_iOS.jpg

Tiny Camp Village

こちらのキャンプ場はオートサイトが 5区画とその名の通りこじんまりした静かなキャンプ場です。
割と隠れ家的キャンプ場なのですが人気が高く平日でもなかなか予約が取れません。 今回は偶然平日に空きがあり予約できました。

Image: 20210913_042906359_iOS.jpg

小径を抜けた先の瀟洒なキャンプ場です

今回は NEMO の Dagger Storm 2p の初張りでした。 普段愛用している Campal Japan の Stacy II よりは随分とコンパクトなテントで、 どちらかと言えば快適性や居住性よりも軽さや携行性を重視したテントです。 こちらも愛用している mont-bell のクロノスドーム2型に近いキャラクタのテントですね。
設営はとても簡単で初めてでも戸惑ったりせずあっという間に設営完了しました (ま、コンパクトなドームテントはどのモデルも設営は簡単ですが)。

Image: 20210913_043305506_iOS.jpg

NEMO Dagger Strom 2p

設営をさっさと済ませたら珈琲を飲みながらのまったりタイムです。
挽きたての豆を使って淹れた珈琲の香りを愉しみながら2時間以上読書を愉しむ...とっても贅沢な時間の使い方です。

Image: 20210913_052546901_iOS.jpg

至福の一時

夕食はチタン製の B6 君を使った簡単な BBQ です。
ここ暫くソロキャンプでは BBQ 的な食事をしていなかったので久々なのですが、 こういう簡単でワイルドな料理も良い物ですね。改めて感じました
ただし写真は無し。ソロキャンプしていると写真ってあまり撮りませんよね?。

夕食の後は焚き火を愛でながら珈琲タイムです。
こちらのキャンプ場は直火も可能なのですが片付けが面倒なので焚き火台を使っての焚き火です。

Image: 20210913_111407664_iOS.jpg

焚き火と珈琲

Image: 20210913_220408675_iOS.jpg

人は何故寒くないのに焚き火をしてしまうんだろう...

夜半過ぎに突然の雨、しかもそれなりに強い雨が降り出しました。
寝る前に殆ど全ての道具を片付けてあったので(残っていたのはテントとテーブル、チェアのみ)、 慌てる事もなく濡れたら困るチェアのみ車の後部座席に放り込んだら雨対策完了です。 タープ張れば良かったかな?と一瞬頭をよぎったのですが通り雨だった様で1時間もしないうちにやんだので良かったです。

翌日は朝食のあとはサクッと撤収して近所の温泉に入浴してきました。
平日の朝なので完全貸し切り状態、泉質も良く素晴らしい温泉です。

Image: 20210914_004432449_iOS.jpg

温泉!

2021/05/06

/dev を復旧する

とある事情で Linux マシンの /devを殆ど全削除してしまったので復旧してみた。

chroot 環境で作業するスクリプトが chroot 環境を抜けるときに後始末として環境内の /dev等を削除しているのだが、 スクリプトの不具合で chroot 環境から抜けた後(むしろ不具合で chroot できなかった場合) にも /dev の削除処理が 動作してしまったので実環境の /dev が根こそぎ削除されてしまうという...何ともアレな BUG を踏み抜いた次第。

今回はたまたま同じ構成の Linux マシンがもう一台手元にあったので、 そちらの /dev 環境から情報を取得して mknod を実行するためのコマンドライン引数を取得する処理を作成した。

デバイス名やメジャー番号、マイナー番号は /dev 以下の全エントリの詳細情報を find (1) を利用して ls (1) を実行する事で取得し、 その出力を awk (1) を利用して加工し mknod (1) のコマンドライン形式として出力している。
作成するデバイスノードのオーナーとグループは ls (1) の出力から chown (1) コマンドを実行して設定している。 アクセス権限は ls (1)の出力は直接 chmod (1) コマンドで利用できないので、 stat (1) コマンドの出力書式に --format '%04a' を指定する事で 4桁の8進数として取得した値を利用して chmod (1) コマンドで設定している。

stat (1)--format オプションは GNU による独自拡張なので FreeBSD や macOS の純正 stat (1) では動作しないと思う。

/dev には他にもディレクトリ、シンボリックリンクが存在しているので ls (1) の出力からエントリーのタイプを判断し、 ディレクトリの場合は mkdir (1)、シンボリックリンクの場合は ln (1) を適宜実行している。

  1#!/bin/sh
  2
  3find /dev -exec ls -l {} \; |
  4    awk '
  5        # ディレクトリ作成
  6        function mkdir(name) 
  7        {
  8            "dirname " name | getline dirname
  9            if(dirname != "/dev")
 10                printf("mkdir -p %s\n", dirname)
 11            return dirname
 12        }
 13
 14        {
 15            if(NF > 3){
 16                # エントリーの種類取得
 17                type = substr($1, 1, 1)
 18                if(type == "c" || type == "b"){
 19                # デバイスノードの場合
 20                    # 親ディレクトリ作成
 21                    mkdir($NF)
 22                    # 権限取得
 23                    "stat --format '%04a' " $NF | getline mode
 24                    # コマンド出力
 25                    printf "if [ ! -%s %s ]; then  rm -f %s; mknod %s %s %d %d; fi; chown %s:%s %s; chmod %d %s\n",
 26                        type, $NF, $NF, $NF, type, $5, $6, $3, $4, $NF, mode, $NF 
 27                } else if(type == "d"){
 28                # ディレクトリの場合
 29                    # 権限取得
 30                    "stat --format '%04a' " $NF | getline mode
 31                    printf "if [ ! -%s %s ]; then rm -f %s; mkdir -p %s; fi; chown %s:%s %s; chmod %d %s\n",
 32                        type, $NF, $NF, $NF, $3, $4, $NF, mode, $NF 
 33                } else if(type == "l"){
 34                # シンボリックリンクの場合
 35                    # 親ディレクトリ作成
 36                    cwd = mkdir($(NF - 2))
 37                    printf "if [ ! -L %s ]; then rm -f %s; (cd %s; ln -s %s %s); fi\n",
 38                        $(NF-2), $(NF-2), cwd, $NF, $(NF-2)
 39                } else {
 40                    print type " " $0 > "/dev/stderr"
 41                }
 42            }
 43        }
 44    '
    

情報を取得するマシンでこのスクリプトを実行すると /dev を復元するためのコマンドが生成されるので、 /dev 環境がなくなってしまったマシンに転送して実行する事で /dev が復元できる。

必要に応じてその場で適当に作ったスクリプトなので完全無保証。
自分の場合は復旧できて今でもちゃんと動作している。


Copyright © 2008-2020 Mitzyuki IMAIZUMI. All rights reserved.