2019/05/27

ソロキャンプで持参する道具たち

オートバイでソロキャンプに行く時に持参している道具達をまとめてみた。
忘れ物をしないための個人的な備忘録としてまとめるが、 他のキャンパーの参考になれば嬉しい。
以下のキャンプ道具は TANAX 社 MotoFizz フィールドシートバッグに収納している。

Image: 20190524_232103722_iOS.jpg

フロントから
Image: 20190524_232157618_iOS.jpg

リアから
Image: 20190524_232144540_iOS.jpg

荷物

【本体】
テント類
テント
mont-bell クロノスドーム2型 + グランドシート
シュラフ
mont-bell ダウンハガー 800 #3
シュラフカバー
NANGA シュラフカバー
エアマット
mont-bell ULコンフォートシステム エアパッドワイド180
まくら
mont-bell ULコンフォートシステム ピロー
ハンモック
Hummingbird ハンモックダブル + Hummingbird ストラップ + Dutch Clip + Dutch Biners
テーブル
アルミテーブル
キャプテンスタッグアルミテーブル
ミニテーブル
SOTO フィールドホッパー + クッションカバー
アルミテーブル
Linkax アルミテーブル
焚き火グリル
UNIFLAME クッカースタンド450
キッチンテーブル
DoD ソトメシンガーZ TB1-567
椅子
折りたたみ椅子
LOGO'S 7075 ポケットスツール
チェア
ALITE Myfly sling
焚き火台類
ミニ焚き火台
コニファーコーン パイロマスター2
焚き火台
Monoral ワイヤーフレーム MT-0010 + 焚き火メッシュ2 MT-0019
グリル
笑'S Mr.B-6
クッカー
コッヘル
Trangia ストームクッカー をオークションで落札したネオプレーン製のケースに収納
ストーブ
SOTO ストームブレイカーマルチクッションケース巾着タイプ に収納
鉄板
M.M.Factory 極厚鉄板
カトラリセット
UJack チタン カトラリセット
シェラカップ
UNIFLAME チタン製シェラカップ x 3個
ロッキーカップ & リッド
ベルモント チタン製ロッキーカップ + チタンリッドM
食料品
珈琲ドリッパ
Muniq ステンレス製 Tetra Drip
ペーパーフィルター
汎用品
調味料袋
珈琲豆
アルミ缶 (小分け)
粉末コーヒー
スティックパック
ティーバッグ
タッパー (小分け)
調味料
ナルゲン広口ボトル 30ml (小分け)
サラダ油
オリーブ油
醤油
赤ワイン
ブランデー
コショウ
ツール類
マルチ収納ポーチ
ヘッドランプ
Petzl ACTIK CORE
LEDランタン
BlackDiamond ReMoji
LEDランタン
GOALZERO LIGHTHOUSE マイクロランタン
マッチ
UCO ストームプルーフマッチ
ナイフ
Buck 110
ナイフ
Boker MAGNUM エルクハンター
レジャーシート大
Matador POCKET BLANKET
レジャーシート小
Matador MINI POCKET BLANKET
ファイアスターター
ガーバー BGモデル
火吹き棒
ZAFIELD 火吹き棒
麻紐
DAISO
ワセリンティンダー
自作
ガス器具ポーチ
OD缶
PRIMUS 110サイズ
ランタン
PRIMUS P-541 マイクロランタン
ストーブ
PRIMUS P-115 フェムトストーブ
予備マントル
PRIMUS IP-8052N
燃料
岩手切炭がおすすめ
ペグケース (ペグハンマーのケースにペグと一緒に収納)
ペグハンマー
Jekeno 多機能ペグハンマー
ペグ
Boundless Voyage チタン鍛造ペグ
ランタンスタンドケース
ランタンスタンド
自作品
チタンペグ
Vargo チタンペグ
【サイドポケット(左右)】
衣類
防寒ジャケット
TAICHI 防水インナージャケット
日用品
洗剤とスポンジ
汎用品
ウェットティッシュ
汎用品
モバイルバッテリー
iWALK 2000mAh
USB カイロ
EKOOS USBカイロ
MAXPEDITION ポーチ
マルチツール
レザーマン JUICE S2
LED ライト
OLIGHT S30 Ti BATON
トーチ
SOTO スライドガストーチ ST-480
モンキーレンチ
バーゴ 110mm
EDC
マルチツール
SQUIRT PS4
トーチ
SOTO マイクロトーチ COMPACT ST-485
LED ライト
OLIGHT S10 BATON
ミニポーチ (Boundless Voyage のチタン鍛造ペグのケースを流用)
ミニスコップ
Vargo チタン ディグディグツール
タガネ
汎用品
キャンドルランタン
SIERRA DESIGNS キャンドルランタン (オイルランプ化)
着火剤
LOGO'S 防水ファイヤーライター 小分け
革グローブ
KINCO'S SUEDE COWHIDE DRIVER
【サイドのドリンクケース】
アルコールボトル
Trangia フューエルボトル 0.5L
【トップ部のゴムコード】
焚き火台
UCO MINI FLATPACK GRILL
ソフトクーラーバッグ
SEATLE SPORTS ソフトクーラー 23QT
シューズ
Arc'teryx アラキス
平ゴム
汎用品
ペーパーナプキン
DAISO
レジャーシート
DAISO
【トップ部のフラットケーブル】
タープ
さすらいタープ + DoD コンパクトタープポール
【トップ部にカラビナで固定】
キャンティーン
Keith チタンキャンティーン

なるべくメーカーなど一次情報にリンクしているが、Amazon で購入した中国製の品物などメーカー公式サイトが不明なモノなどについては Amazon 等外部のサイトにリンクしているがアフェリエイトではないです。

2019/05/24

The Camp & Garden AMANAYU

久しぶりのソロキャンプツーリングは山梨県の AMANAYU へ。
ここは 2018年7月にオープンしたばかりの新しいキャンプ場なのですが、 キャンプ情報メディアなどの口コミで「とても素晴らしい」と絶賛されています。
たまたま週末に予約が取れたので行って来ました。

Image: 20190518_065627610_iOS.jpg

The Camp & Garden AMANAYU

テント、シュラフ、クッカーなど最低限必要と思われる荷物を積み込んだらいざ出発です。
なるべく荷物を減らしたのですが、それでも山積みになってしまいます。 「もっともっとコンパクト化を推進しなくては」と改めて思うんですが…今の所どうしようもないです。

Image: 20190518_004223016_iOS.jpg

荷物山積み
Image: 20190518_004259481_iOS.jpg

これだけの荷物を積むと操縦性が随分と変わってくる

キャンプ場は山梨県北杜市(詳しい場所は非公開)なので中央高速をひた走り。 途中で給油など適宜休憩しながらも自宅から3時間程度で無事到着です。
到着したら早速設営を開始します。 今回もモンベルのクロノスドームと DoD のさすらいタープの組み合わせ。
タープの下にテントを張っているのですが、この場合も「小川張り」というのだろうか…。

Image: 20190518_060936926_iOS.jpg

設営完了
Image: 20190518_064249016_iOS.jpg

至福の珈琲タイム

ここのキャンプ場は何と直火可との事なので早速焚き火を始めます。 しかも薪一束は無料というのが焚き火好きには嬉しい限りですね。

Image: 20190518_080456192_iOS.jpg

焚き火のセッティング

折角の直火なので Wolf & Grizzly 社の焚き火グリルを使って焚き火だけで料理してみます。
炊飯は火力調整が難しく微妙に芯が残ってしまいましたが、それでも美味しく炊けました (自画自賛)。
肉は網で直接焼くと煙臭くなるので極厚鉄板を利用して調理します。 豚バラ肉は塩胡椒で、牛カルビと牛ロースは焦がし醤油でそれぞれシンプルにいただきます。

Image: 20190518_084926545_iOS.jpg

焚き火で炊飯
Image: 20190518_091314094_iOS.jpg

豚バラとグリーンアスパラ
Image: 20190518_092346797_iOS.jpg

牛カルビと牛ロース

ノンビリ食事を終わらせたらまったりタイム。
うるさく騒ぎ立てる迷惑なキャンパーがいないので素敵な時間を過ごす事ができました。

Image: 20190518_113712400_iOS.jpg

夜のひととき

朝はキャンティーンで直接お湯を沸かして珈琲を淹れたらパンで朝食タイム。 ここの水は地下水をくみ上げているのでとても美味しく珈琲もひと味違います (プラシーボ)。
食事の後はすぐそばを流れる川まで腹ごなしのお散歩タイム。 すごく綺麗な川のせせらぎなので、暑い季節は川遊びが楽しそうですね。

Image: 20190518_211219240_iOS.jpg

キャンティーンで湯沸かし
Image: 20190518_222837626_iOS.jpg

川のせせらぎ

撤収する時は焚き火跡を綺麗にして帰ります。 チェックインの時に渡された注意書きにも後始末の方法が簡単に載っていますが、 「来た時よりも綺麗に」をモットーに焚き火跡を綺麗にして帰途につきました。

本当に素敵なキャンプ場でした。次は家族と是非一緒に来たいです。

Image: 20190519_010834303_iOS.jpg

撤収完了


Copyright © Mitzyuki IMAIZUMI 2008,2009. All rights reserved.