2014/07/14

太陽のたまご♪

去年は佐藤錦だったので2年ぶりの完熟マンゴー。

Image: IMG_1634.jpg

太陽のたまご

娘も成長して普通に食べる様になったので今年は 6 個です。
素晴らしく甘く美味しい自然の恵みに感謝!

2013/05/27

レアチーズケーキ

KRAFT の PHILADELPHIA クリームチーズを使ったレアチーズケーキのレシピ。
基本的にはクリームチーズに同梱されているレシピ集に従うのだけれど、 一部、以前アルバイトをしていた喫茶店での作り方を参考に 独自のアレンジを加えてあります。
割と手軽に本格的なレアチーズケーキができるのでお勧めです。

材料

KRAFT PHILADELPHIA クリームチーズ 200g (1箱)
中沢サワークリーム 90ml (1パック)
ホイップクリーム 200ml (1パック)
砂糖 70g
レモン汁 大さじ1
バニラエッセンス 適宜
粉末ゼラチン 7g
白ワイン (ゼラチン用) 70ml
森永ビスケットチョイス 90g (10枚)
バター 40g

作り方

  1. バターを室温に戻す
    Image: IMG_0326.JPG

     
  2. ゼラチンを白ワインに振り入れて暫くふやかす
    Image: IMG_0325.JPG

     
  3. ビスケットを密封袋にいれる
    Image: IMG_0327.JPG

     
  4. ビスケットを麺棒などを利用して細かく砕く
    Image: IMG_0328.JPG

     
  5. 砕いたビスケットと室温に戻したバターを馴染む様に良く混ぜ合わせる
    Image: IMG_0329.JPG

     
  6. 混ぜ合わせたビスケットを型の底に敷き詰めてスプーンの背などで押さえつける
    Image: IMG_0340.JPG

     
  7. 弱火にかけた鍋にクリームチーズと砂糖を入れて混ぜ合わせる
    Image: IMG_0330.JPG

     
  8. 良く混ざったら火を止めてサワークリーム、レモン汁、バニラエッセンスを加えて更によく混ぜる
    Image: IMG_0332.JPG

     
  9. ホイップクリームを六分立てにする
    Image: IMG_0335.JPG

     
  10. ホイップクリームの上に裏ごし器を置く
    Image: IMG_0336.JPG

     
  11. 混ぜ合わせたクリームチーズを裏ごししてホイップクリームとまぜる
    Image: IMG_0337.JPG

     
  12. 湯煎して溶かしたゼラチンをクリームチーズに加えて更に良く混ぜる
    Image: IMG_0341.JPG

     
  13. 型に流し込みラップで蓋をして数時間冷やしたら出来上がり
    Image: IMG_0343.JPG

     

お好みでジャムやブランデーをふりかけて美味しくいただきましょう

Image: IMG_0380.JPG

完成

2013/01/29

丸美屋の麻婆豆腐

普通に作っても十分に美味しい『丸美屋の麻婆豆腐』を 一手間かけることで更に美味しく作るレシピ。

材料 (3人分)

丸美屋の麻婆豆腐 1 箱の半分
豆腐(個人的には木綿豆腐の方が好ましい) 1 丁
挽肉 100 g
長ネギ 1/2 本
ニンニク 1 かけ
生姜 1 かけ
鷹の爪 1 ~ 2 本
粉山椒(あれば) 適量
ごま油 適量

作り方

  1. 丸美屋の麻婆豆腐の素に添付されているとろみ粉を 予め水に溶いておきます。
  2. 豆腐は少し水切りをしておくと できあがった時の食感が良くなります。
  3. ニンニクと生姜はみじん切りにします。
    ニンニク絞りがあれば便利です。
  4. フライパンにごま油を熱し鷹の爪を入れて香りを出します。
    火が強すぎると鷹の爪が焦げてしまうので中火程度で。
  5. みじん切りにしたニンニクと生姜を入れて 焦げない様に気をつけながら炒めます。
    特にニンニクは焦げやすいので要注意です。
  6. 挽肉を加えて粉山椒を振りかけて炒めながら 出てきた脂を吸い取るなりして始末します。
    山椒は多少大目に振りかけて良く過熱すると 香りがでて良いでしょう。
    挽肉の脂は臭みが強いので個人的には捨てる方が好みですが、 気にならない方はそのままでもかまいません。
  7. ここまで出来たら通常の手順通りに作ります。

ほんの簡単な一手間で随分味が変わります。
是非お試し下さい。

2012/06/25

太陽のたまご♪

すでに毎年恒例の家内行事となった完熟マンゴー。

Image: RIMG0617.JPG

太陽のたまご

今年も 4 個です。
素晴らしく甘く美味しい自然の恵みです。

2011/06/16

太陽のたまご♪

今年も恒例の宮崎産の完熟マンゴー。

Image: IMG_1173.JPG

太陽のたまご

今年は娘もしっかりと食べる様になったので 1 個増やして 4 個買いました。
素晴らしい太陽と自然の恵みが詰まっています。

2011/05/22

レアチーズケーキ

遙か 15 年以上昔にバイト先で作っていたレシピを思い出しながら、 週末にレアチーズケーキを作った。
基本的なレシピはフィラデルフィアのクリームチーズに同梱されている リーフレットの通りに作るのだが、 いくつか独自の手順を加える事で格段になめらかな舌触りのチーズケーキになる。

Image: RIMG0253.JPG

ブルーベリージャムとブランデーをたらして

  1. ゼラチンは水と白ワインを同量混ぜたものに浸しておくと ゼラチンの持つ臭みが消える。
  2. ヨーグルトではなくサワークリームを使うと ほどよい上品な酸味となる。
  3. クリームチーズ、サワークリーム、そして砂糖を混ぜる時には 消える寸前のとろ火にかけてゆっくり加熱しながらよく混ぜる。
  4. 火を止めたらレモン果汁 1 個分を加えて更によく混ぜる。
  5. 生クリームを 6 分立て程度にホイップする。
  6. 冷ましたクリームチーズを裏ごしして生クリームに混ぜる。
  7. ゼラチンを湯煎して溶かしてクリームチーズに手早く混ぜる。
あとは型に流し込んで冷やせば美味しいクリームチーズケーキの出来上がり。
カシスやブルーベリーなどのジャムと、 風味付けに少量のブランデーをたらして召し上がれ。

2011/05/18

Imperia Pasta Machine

遙か昔、当時創刊されたばかりの雑誌 Brutus に パスタマシンが掲載されているのを見かけて漠然と良いなと思っていたのだが、 30 年余の年月を経て念願かなって入手する事ができた。
昔の事すぎて詳しくは覚えていないのだが、 当時の金額で 10 万円ほどのプライスタグがついていて、 パスタマシンというのは非常に高価なものだと 30 年もの間 何の疑いもなく信じ込んでいた。
しかし改めて調べてみると意外と安いものだと気がついたので、 今回 Imperia 社製の自家製パスタマシンを購入してみた。

Image: RIMG0241.JPG

Imperial SP-150

ホームベーカリーのメニューにパスタ生地があるので、 デュラム小麦粉のセモリナを使えばパスタ生地が割と簡単に作れる。
とりあえず今週末は自家製のパスタでペペロンチーノを作ってみる予定なのだが、 今から出来上がりが楽しみでしょうがない。

2010/12/25

クリスマスケーキ

今年のクリスマスケーキは、 Mont St. Clair のオープニングパティシエだった Yuji Ajiki 氏のお店 Yuji Ajiki Sweets Garden にしてみた。

Image: IMG_3319.JPG

Mont St. Clair 同様に上品な非常に美味しいケーキです。
しつこ過ぎず弱すぎないチョコレート感が絶妙で大満足。

2010/06/16

太陽のたまご♪

すっかり恒例となった宮崎産の完熟マンゴー。

Image: IMG_0139.JPG

太陽のたまご

素晴らしい太陽と自然の恵みを今年もとっても美味しくいただきました。

2010/05/22

Mont St. Clair

ひょんな事から Mont St. Clair のホールケーキをゲット。
ここのケーキは去年のクリスマスケーキ以来である。

Image: IMG_3147.JPG

Mont St. Clair のホール

見た目も上品でとても素敵なのだが味わいも超一流の美味しさ。
久しぶりにため息が出る(若干大げさ)程美味しいケーキを堪能する。
外側のムースの様なクリームと、中のラズベリークリームの酸味が絶妙すぎる。
美味しい…(しかし夜中にケーキなど食べていいのだろうか?


Copyright © Mitzyuki IMAIZUMI 2008,2009. All rights reserved.