2011/09/09

Bowers & Wilkins C5

普段使いのヘッドフォンのケーブルが断線してしまったので、 発表されたばかりの Bowers & Wilkins 初のカナル型ヘッドフォン C5 を 試聴もしないまま購入する事にした。 購入時は日本未発売で円高の後押しもあったのでアメリカから個人輸入したのだが、 国内で購入するよりは随分と安く済んだ。
故障時の保証や言葉の問題など、 海外から直接個人輸入する事にはデメリットもあるので万人に勧められはしないが、 金額以外のメリットを享受できる場合もあるので 悪くない選択肢の一つだとはおもう。

Image: RIMG0352.JPG

そこそこ高級感のあるパッケージ

新品の状態で聴いてみた印象は音場は結構広がりがある感じだが、 新品故の固さというかドンシャリ感が強い感じ。
とは言っても聴き疲れするタイプの音質ではないし、 今の段階でも上品な感じの低音がしっかり鳴っているので、 今後のエージングに期待してみる。

Image: RIMG0358.JPG

マイクロ多孔質フィルタとセキュアループ

外観の特徴にもなっている筐体外側のマイクロ多孔質フィルターの効果なのか 装着した時の耳への圧迫感が随分軽減されていて、 カナル型なのにも関わらず長時間装着していても苦にならない快適さだと思う。
もう一つ特徴的な外観を形成しているセキュア・ループ・デザインは、 耳たぶの内側にあてる事で装着時のフィット感を高める造りとなっている。 簡単にサイズも調節可能だし見た目も特徴的なので悪くない。
ケーブルの途中に組み込まれたリモコンは 手持ちの iPod や MacBook Pro の iTunes を操作できるので意外と便利だ。
リモコンはボタンが 3 個なので 再生・停止とボリューム操作だけだと思っていたのだが、 ちゃんとマニュアルを読むと 2 回クリックで次の曲、 3 回クリックで前の曲へのスキップも可能だった。

ピンクノイズなどで暫くエージングした後も第一印象とそうは変わらない感じだが、 固めにドンシャリと響いていたカドが丸まったと思う。 上品に響く低音と抜けの良い高音、それから広い音場とあいまって とても優しく聴き疲れしない良質な音になっていると思う。

2009/10/15

Forty Licks

発売当初、購入しようとして購入できなかったのだが、 初回盤で限定のオリジナルステッカーも付いた状態という、 程度の良い中古 CD を入手する事ができた。

Image: FortyLicks.jpg

The Rolling Stones は我々の世代にとっては、 やはり特別なアーティストの一人だと思う。

2009/07/18

AKG K414P

暑さに負けました。
K240 を装着して炎天下の中を 1 時間も歩いて通勤していると 本当に頭がクラクラしてきちゃいます。

Image: IMG_2379.JPG

無駄遣いだよなぁ…やっぱ。
でも、でも、暑いんですってば

2009/07/15

Stairway to heaven

Led Zeppelin の名曲、邦題は「天国への階段」

初めて聞いてから30年近く経っていて、 数百回、もしかしたら千回以上聞いているかも知れない。
最初は FM ラジオからの決していい音とは言えない音源を カセットテープに録音して(エアーチェックという言葉が流行った)、 当時発売されたばかりの sony walkman で繰り返し聞いていた。
バイト代で通称 "Led Zeppelin IV" と呼ばれてるアルバム (当時は普通に LP レコードって言ってた)を購入して、 本当にレコードがすり切れるまで聞いていた (輸入盤を含め 4 枚は同じ LP レコードを購入した気がする)。
CD が普及してから(割と早くに CD に飛びついた)は同じアルバムを CD で購入し、 CD walkman (diskman という名前だった気がする)で これも繰り返し聴いてきた。
そして今はポータブル mp3 プレイヤで聴いている。

初めてライブ音源を聴いた時(確かそれも FM ラジオだったと思う)に、 「John Bonham の微妙にずらしたドラムに、 阿吽の呼吸で見事にシンクロしてる Jimmy Page のギター。 天才は天才を知るってこういう事なんだなぁ。」と、 専門知識も何もなしで感激していたのだが、

ややシャッフル気味に叩くクセの強い Bonham のドラムに 走り過ぎ・モタリ過ぎの Page のギター、 そしてその間を絶妙にリズム補正する John Paul Jones の ベースという組み合わせによって成り立っていた

wikipedia より抜粋

という記述を読んで今更ながら納得している。
二人の…というか Led Zeppelin のハマった時の演奏は 本当に鳥肌が立つ程素晴らしい。

かの Herbert von Karajan が「これ以上のアレンジはありえない」 と絶賛する名曲である。
だからという訳ではないが、何度聴いても新鮮で素晴らしい感動に満ちている。

2009/07/01

Portable Audio

オヤイデ電気から HPC-X35 が届いたので記念撮影

Image: IMG_2167.JPG


iPod nano 4G & Pailiccs iPod line out connector & iBasso T4 Portable Headphone Amplifier & Oyaide HPC-X35 & AKG K240 Mk II

AKG のヘッドフォンはセルフアジャスト機能という 装着するだけで自動的に位置が調整できる機能が秀逸で、 これに慣れると自分で調整する普通のヘッドフォンが面倒になってしまう程快適。
ただし標準で付属するケーブルはストレート3m と コイル 5m という ポータブル用途には長すぎるケーブルなので、 1.3m というケーブルの長さだけで HPC-X35 を選んだ。
高品質とかあまり気にしていなかったが、 聞き比べてみると何となく違いがある(気がする)。

2009/06/29

AKG K240 MkII

週末自宅を開けていたので K240 MkII にピンクノイズを流し続けてみた。

完全とは言わないがエージングが随分と進んでいる感じで嬉しい。
自分にとって標準となる位によく聴く何曲かを ほんの少々大きめの音量で聴いてみると違いが判る(気がする)

iBasso T4 のバーンインもしなくちゃ…

2009/06/16

AKG K240 MkII + iBasso T4

職場のウシロの人の影響ではないが、 久々に沼にズブズブとはまりそうな悪寒予感が…

AKG の K240 MkII はまだまだエージングも済んでいない (というか数時間程度しかならしてない)ので何とも言えないのだが、 今まで愛用してきた audio-technica の ATH-EM9r とは全く異質のサウンドだ。
通勤時に利用している第2世代の iPod nano ではさすがに出力不足なので、 ついでに iBasso の T4 という Portable Head Phone Amp を併用してみる。
K240 自体 Studio Monitor という性格だという事と相まって、 低域から高音域まで良い感じに解像度がくっきりする感じがする。
これはエージングが楽しみだな。

以下、現状で把握している問題点

  • 会社への往復に1時間程度歩いているが、さすがに耳が蒸れてしまう
  • 大きめの開放型ヘッドフォンなので K240 を装着して歩く姿は異様である


Copyright © Mitzyuki IMAIZUMI 2008,2009. All rights reserved.