2010/07/27

Canon PowerShot S90

普段使いとして愛用していた Canon の IXY Digital 80 が壊れてしまったので、 Canon の PowerShot S90 というデジタルカメラを代替機として購入した。
コンパクトデジタルカメラなのに F2.0 という明るいレンズを搭載しており、 更には RAW モードでの撮影も可能という、 ちょっとしたデジタル一眼レフカメラに匹敵する高性能を誇っている。
非常に丁寧な作り込みの Canon らしいデジタルカメラなので、 結構気に入っているのだが問題が無いわけではない。
手前についているコントローラーホイールが殆ど抵抗なく回転してしまうので、 撮影している最中にちょっと親指などが触れると設定が変わってしまう。

何か良い解決策がないかと色々と検索してみると、 Seattle にある Lensmate という会社が発売している この商品を発見した。
コントローラホイールの外側をほんの少し高くする事で、 不意に指などが触れた際にはコントローラホイールを 回転しずらくするという非常に単純な発想の商品なのだが、 価格も安いので取りあえず購入してみた。

まだ国内では扱っていない様なので Seattle にあるこの会社に直接注文したのだが、 一番格安な U.S. Postal Service を利用しても丁度1週間で到着した。 そうは言っても商品代金よりも送料の方が高くついてしまったのだが…
早速 S90 に貼り付けてみると非常に良い感じでおさまっており、 単純で安価な商品の割には効果がある。
これで撮影中に不用意に設定が変わってしまう事が防げそうだ。

今の所個人輸入しなければならないというのが若干面倒ではあるが、 Canon PowerShot S90 でコントローラホイールの回転に困っている人には、 おすすめできる一品だ。

2010/05/25

Eye-Fi Pro X2

以前から気になっていた Eye-Fi だが、 RAW 画像転送とAd-hoc モードが搭載されたので 思い切って(という程ではないが)試してみた。

Image: RIMG0026.JPG

Eye-Fi Pro X2 と付属のカードリーダ

付属する Eye-Fi Helper というプログラムをインストールして、 Eye-Fi Pro X2 の初期設定を行う。
iPhoto への転送や ftp/ftps を利用した転送も可能な様だが、 とりあえずはコンピュータへの転送を試してみる。
Eye-Fi Pro X2 をデジタルカメラに入れて撮影してみると、 撮影したそばから自動で転送を始めている。
出先など無線 LAN の無い場所では普通の SD カードとして画像を記録し、 自宅に戻ってカメラの電源をいれたら勝手に転送してくれるので 非常に手軽で便利だ。

2010/05/23

初代 IXY DIGITAL

ふと思い出して初代 IXY DIGITAL を引っ張り出してみる。
自分にとっては2台目のコンパクトデジタルカメラで、 発売された直後に Net 通販で購入し、 当時暮らしていた場所に無理を言って配送して貰ったのが良い思い出だ。
このカメラとはあちこち一緒に旅をして、色々な被写体をたくさん撮影した。

Image: IMG_3226.JPG

初代 IXY DIGITAL

202万画素、手ぶれ補正なし、動画撮影機能なし、ISO 100 固定、 1.5 型液晶モニターなど、現在のスペックと比較すると足下にも及ばないのだが、 今見ても造形が美しく良くデザインされたカメラだと思う。

2009/07/22

レンズ

本日の他人のブログは殆ど日食関連だろうから敢えて他の話題(笑)。

先日牧場に遊びに行った時は、 荷物になるだろうしどうせ被写体は決まっている事だしという事で、 50 mm の単焦点レンズを一本だけ携えて出かけた。
諸処の事情により、 当初の目論見が外れてしまったので若干風景も撮影したのだが…

Image: img_2398.jpg

いやぁ〜 50 mm の単焦点で風景撮影しても面白みがないですね。
いや、勿論撮影者の腕も相当影響しているのは重々承知の上ですが、 それにしても奥行きもなければ広がりもなく、かといってアイキャッチもない。 単に撮影しただけって感じのできばえに結構ガッカリです。
できれば 10 mm 程度の広角か広角ズームが一番最適なんでしょうが、 せめて標準ズームでももう一本持って行けば良かったと後悔しきり。

確かに被写体のほぼ8割は決まっているのですが、 残り2割のためにレンズ一本の余裕は必要なんでしょうかね。

2009/06/30

EF 28-135mm F3.5-5.6 IS USM

オークションで EF 28-135mm の IS レンズを入手した。
フィルター径 72mm のレンズは Kiss に装着するとさすがに大きく、 本体よりもレンズの方が目立ってしまう感じ。

Image: IMG_2156.JPG


EF 50mm F1.4 USM と EF 28-135mm F3.5-5.6 IS USM

念願の IS IMAGE STABILIZERスゴイの一言につきる。
シャッタースピード 3 段分程度の補正効果があるという IS は 確かに効果満点。
室内でストロボを発光させずに IS on / off で試し撮りを繰り返してみると、 カメラの小さなモニターで見てもはっきり判る程の手ぶれ補正効果に驚き。
しかも 28-135mm なので屋外での撮影は殆どこれ一本でまかなえるから、 少なめの荷物で出かける時など最適のレンズではないだろうか。

薄暗い室内や夕方の公園などの撮影に威力を発揮しそうで楽しみだ。

2009/05/28

EF 50mm F1.4 USM

オークションで EF 50mm F1.4 の単焦点レンズを入手した。
ファインダをのぞいてみると、まずその明るさに驚いてしまう。 この位の明るさになると人間の目に映るものは殆ど撮影できるそうだ。

とりあえず撮影してみた。

Image: IMG_1930.JPG

照明は蛍光灯のみの夜間の室内にもかかわらず、 ISO 感度を 400 に設定し絞り優先モードで絞りを開放すると シャッタースピードが 1/160 秒となった。

真偽の程は定かではないが、 聞くところによるとかのカールツァイスが唯一評価したレンズとの事。
これから撮影するのが楽しみになりそうだ。


Copyright © Mitzyuki IMAIZUMI 2008,2009. All rights reserved.