2010/09/02

カテゴリ整理

本 blog のカテゴリを少々整理し、 ThinkPad、Network、Programming を全て Computer へ統合しました。
個別の各記事に直接リンクされている場合はお手数ですが変更をお願いします。

2010/08/31

コメントスパム

最近この blog のコメントにスパムを書き込むバカがいる。
この blog はコメントが書き込まれるとメイルが届くので、 コメントスパムは気がつくと削除しているのだが、 こんな過疎 blog にスパムを書いても全く効果なんかないと思うんだけどね。

それにしても、ここまで品性が下劣なのはある種の才能なのかも知れない。
まともな神経と感性と少しの教養を持っていれば、 小学生でも恥ずかしく感じる程頭が悪そうな文章は書けないだろうと思う。

携帯電話のメイルアドレスに届く架空請求メイルと同様、 本当に日本語に不自由な人が書いているのだろうか?

2010/07/22

全てがあり得ない事だらけだ

超法規処置で入国したと言う元死刑囚の女性。
チャーター機での来日やら、空港まで黒塗りの車でお出迎えやら、 挙げ句の果てはヘリコプターで富士山の観光?
すっかり VIP 扱いされているのだが、 元々は 罪のない人々を大量に無差別殺戮したテロリスト ではないのだろうか?
恩赦だか特赦だかで罪は赦されたのかも知れないが、 罪のない多くの人を殺戮したという事実は決して消えはしないと思う。
こんな殺人者をもてなす事に税金が費やされているのかと思うと 納税者の一人として憤りを通り越し情けなくなってしまう。

過熱報道しているマスコミの扱いにも疑問を感じるが、 それよりも信じられないのは特別機までチャーターする政府の振る舞いだ。
事件により殺された罪無き人々の遺族の感情に配慮する気はないのだろうか?
どう考えても遺族の感情を逆撫でしているとしか思えない。 これが 100 人以上の犠牲者を出した事件の実行者への扱いと言えるのだろうか?
そもそも、今の時期にこんな事をして誰に何の得があるのだろう?

そして、選挙で落選した(すなわち国民にダメ出しされた)法務大臣は、 いったい何度特権を振りかざして法律を破れば気が済むのだろうか?
本来は法律を遵守させる立場にあるだろう事には気が向かないのか?

2010/07/21

じゃがりこ

限定って言葉に弱いんです。

Image: IMG_0297.JPG

じゃがりこ とうきびバター

ポテトスナックなのにちゃんと(?)トウモロコシの味がしました。

2010/07/19

北海道〜旅の記録

7/8

自宅〜羽田空港〜新千歳空港〜札幌二条市場〜ホテル〜アサヒビール園

羽田空港の駐車場は事前予約ができるのでなかなか便利。
昼食を食べた二条市場のお店は知らなければ(知っていても) とても入りづらい雰囲気のお店でした。

7/9

札幌〜旭川〜青葉(旭川ラーメン)〜旭山動物園〜層雲峡温泉

札幌から旭川までの高速道路は(昼間は)非常に快適だけど、 途中外灯が全くなかったので夜走るのは若干怖そう。
新横浜のラーメン博物館でも食べた筈だけど 元祖旭川ラーメンの青葉は非常に美味しかったです。
旭山動物園は平日なのに非常に混んでいたのと、 やたら坂が多かった事が一番印象に残っています(動物じゃないのかっ)。

7/10

層雲峡〜北見〜阿寒湖

北見を過ぎた界隈から空模様が不安定だったが、 釧北峠を越えたあたりから本格的な雨。
阿寒湖で名物のエゾジカの焼き鳥を食べたら観光をあきらめて ホテル内の喫茶室で窓の外の雨と阿寒湖を眺めながらノンビリと過ごす。

7/11

阿寒湖〜サロマ湖〜北見

昨日とはうって変わって好天の中オホーツク海を一路目指す。
サロマ湖では野生のキタキツネと遭遇して結構感激。
最終日の宿はロッジだったのだが、 夜寒くてストーブに点火してしまった(7月中旬なのに…)

7/12

北見〜たんちょう釧路空港〜羽田空港〜自宅

朝から雨が降っていたのでついついストーブに点火してしまう。
ホテルチェックアウト後は一路空港を目指してひた走る。
レンタカーを返却した後は北海道にお別れをして羽田着。
僅か 1,000円の追加料金で利用できるクラス J はとてもゆったりしており、 アテンダントの方々によるサービスも一クラス上な感じで大満足です。

お疲れ様でした。

2010/07/15

北海道

実家への顔見せを口実に北海道旅行をしてきた。
実家に立ち寄ったのは極僅かな時間に過ぎず、 殆んどの時間を旅行に費やしたのだが、 非常に充実した家族旅行が満喫できた。

Image: IMG_0178.JPG

海鮮丼

Image: IMG_0260.JPG

偶然出会ったキタキツネ

Image: IMG_0970.JPG

旭山動物園

Image: IMG_0253.JPG

サロマ湖付近の景色

道央〜道東へのごく一部を駆け足で回っただけなので 雄大な大自然を満喫できてはいないが、 それでも素晴らしい環境の片鱗を感じる事はできたと思う。
そして、それにも増して多くの方々の暖かい心遣いや 様々な形の好意や親切に充たされた旅行だったと改めて感じる。

お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
おかげさまで非常に素晴らしく実りのある旅行になりました。

2010/05/16

rotring rapid PRO

予約していた rotring rapid PRO が本日届いた。
真鍮製のバレルで若干重めのシャープペンシルだが、 重量バランスが良いので長時間筆記していても疲れづらい。
軸の形状も角を丸めた六角形なので、 使っている時に手先に角がぶつかって気になる事もない。

Image: IMG_0629.JPG

本当はもう少し早く届く筈だったのだが、 例のアイルランドの火山噴火の影響からか、 注文した店舗への入荷が送れていたらしい。
届いた荷物にはお詫びの手紙と rotring Tikky の シャープペンシルとボールペンのセットが同梱してあった。
天変地異が原因の遅延なので店舗の責任はまったくないと思うし、 多少到着が遅れた所で全然気にしていなかったのだが、 素晴らしい対応にとっても嬉しい気持ちになった。
購入した店舗はあえて記さないが、 今後文房具はなるべくここの店舗で購入しようと思う。

2010/05/07

ディーラー車検

そろそろ車検なので近所のディーラーで見積もりを出してもらった。
ディーラーで車検というと「割高」というイメージが一般的であり、 自分自身もそう思っていたのだが、 実際に見積もりを出してもらうと以外な結果に驚いている。

目立った問題もなく、殊更気になる不具合もないうえ、 結構気に入っているので当分買い替える予定はない。
ただし、普段はほとんど整備らしい整備もしていないので、 7 年目の車検を迎えるにあたって一度ちゃんとメンテナンスをしようと思い、 それならばという事でディーラーに車検見積もりをお願いした次第。

ゴールデンウィーク中という事もあり、 結構賑わった店内で見積もりが出来るまで 30 分程度待たされたのだが、 出てきた見積もりは非常に納得できる内容だった。
主立った項目としては、

  • 年式・及び走行距離から考えての V ベルト交換
  • リアブレーキパッドの交換を含むブレーキ系統のリフレッシュ
  • エアエレメントの交換
  • エアコンフィルタの交換
  • 必要な油脂類の交換作業
などがあげられていた。
これらの項目に車検を受けるうえで最低限必要な下回りの洗浄等の工賃、 法定諸費用、税金、自賠責保険などの費用の合算金額が見積もり金額なのだが、 街のガソリンスタンドや大規模な自動車用品店と同程度の金額か、 場合によってはそれ以下の金額だったのに非常に驚いた。
車検に 2日を要するというデメリットはあるものの、 車検期間中は代車を無償で提供して貰えるという事であるし、 何よりもディーラーに作業をお願いするという安心感を考えると、 非常に reasonable な金額であると思う。

ちなみに、今回車検の見積もりを依頼したのは近所にあるディーラーで、 2年ほど前に転居してきて以来、初めて訪れた店舗であるので、 いわゆる「お得意様」だからの料金ではない。

2010/04/12

ごまポン酢

先日、地元の百貨店で偶然発見しました。

Image: IMG_0580.JPG

ごまポン酢

名前の通りごま油を加えたポン酢なんですがこれがとっても美味しいっ。
さっぱりとしたポン酢に、 香ばしいごま油の風味が丁度良いアクセントとなっていて、 ポン酢というよりもドレッシングに近い風味。
一度味わうとくせになってしまう美味しさです。

2010/03/22

スモークハウス

葉山の方で偶然見かけたスモークハウス。
どうみても普通の住宅にしか見えない入り口から階段を登り、 本当にお店なのかな?と恐る恐る足を踏み入れてみると、 店に入った途端にとても香ばしいスモークの香りに包まれた。
お世辞にも広いとは言えない店舗で、 ご主人と会話をしながらおすすめのサバ、アジ、タコなどのスモークを購入。

自宅に戻って早速おすすめレシピのスモークタコとクレソンのサラダを作り、 その他にサバ、アジを食べてみる。
本当に言葉を失うくらいに美味しいスモークでむさぼり食べてしまった。
素材の表面のみならず中にまでしっかりと燻製の香りがしみこんでいるのは、 相当手間暇をかけて作られたんだろうと想像させられる。

良い意味でのこだわりとプライドを持った人が丁寧に作るモノは ジャンルを越えて素晴らしいと改めて認識した。


Copyright © Mitzyuki IMAIZUMI 2008,2009. All rights reserved.