2016/11/20

バルブの LED 化

グリップヒータを装着した事で消費電力が一挙に増加してしまったので、 少しでもバッテリの負荷を軽減しようと各バルブを LED 化した。

テールライト
まず交換したのは一番簡単なテールライトのバルブで、 ブレーキライトと兼用のダブル球を使用しておりバブル形状は S25、ソケットは BAY-15Dとなっている。 ZeaL ではナンバー灯を兼用しているので一部分が白色 LED となっている VALENTI の B13-S25WRW-1 を選択した。 この LED バルブは金具に対して内側の発光部が 180 度回転するので、 ナンバー灯用の白色 LED 部分を正しくナンバープレート側に向ける事ができる優れ物。
ヘッドライト
ヘッドライトは一般的な H4 タイプなので選択肢は沢山あったのだが、 数ある製品の中で一番シンプルだと思われる IMPACT IM-LED-008 を選択。
Image: head.jpg

ヘッドライト用LEDバルブ
CREE 社の SMD チップを利用しているので光量には不足がなく、 コントローラなどが本体内部に全て収まっているのでライトケースに簡単に格納でき、 放熱はヒートシンクのみで冷却用のファンもないシンプルな造りが気に入った。
ウィンカー
ウィンカーはシングル球でバルブ形状は S25、ソケットは BA-15S タイプ。 LED に変更する事で減少する消費電力の影響で早くなってしまう点滅は 対応しているウィンカーリレーに交換する事で解消させた。
やっかいなのがメーターパネルのインジケータで、 ZeaL の場合はリレーと並列で繋がっている (ウィンカーの点灯とインジケータの点灯が交互なタイプ)ので、 そのままではウィンカーが正しく点滅しない(消灯時にも点灯してしまう)ために インジケータの配線を切断してダイオードで整流してなぎ直す必要があったので作業が少し面倒だった。
この配線は整流用のダイオードの入手が面倒だったので、 POSH 製のインジケータスタビライザ 090010-IS を利用した。
これらの問題はウィンカーと並列に抵抗を繋いでも解決可能らしいのだが、 そもそも省電力のためにバルブを LED に変更しているので 抵抗を繋いで消費電力を増やすのは全く無意味になってしまうのでリレーやインジケータの配線を変更した。

これで随分と省電力化が出来た様で、 グリップヒータ使用時でもヘッドライトやウィンカーの点滅が安定している。

トラックバック
https://blog.bsdhack.org/index.cgi/Motorcycle/20161120.trackback
コメント














メッセージ: Ready to post a comment.