2019/04/18

CentOS 7 のコンソール画面でキーマップを変更する

キーボードのキーが押下されるとキーコードと呼ばれる一意の値がシステムに通知される。
キーマップはこのキーコードに対して文字を定義するためのファイルで、 システム標準のキーマップは /lib/kbd/keymaps/legacy/i386/qwerty に格納されている。
CentOS 7 のコンソール画面のキーマップ情報は /etc/vconsole.conf ファイルに格納されていて、 起動時に自動で読み込まれコンソール画面のキーマップが設定される。

$ cat /etc/vconsole.con
KEYMAP="us"
FONT="latarcyrheb-sun16"
    

例えば US 配列のキーボードで邪魔な Caps Lock を Control に変更したい場合は Caps Lock のキーコードを調べて押下された時に Control が入力される様なキーマップを用意すれば良い。
キーマップは showkey コマンドで調査する事ができる。
showkey コマンドは画面に表示されている通り最後の入力の10秒後に終了する。

$ showkey
kb mode was UNICODE
[if you are trying this under X, it might not work
since the X server is also reading /dev/console ]

press any key (program terminates 10s acter last keypress)...
keycode 58 press                      ここで Capl Lock キーを押下
keycode 58 release                    ここで Capl Lock キーを離す
$
    
結果から Caps Lock キーのキーコードは 58 なのでキーコード 58 に対して Control を入力するキーマップを作成する。 キーマップファイルは他のキーマップファイルを読み込む事ができるので、オリジナルの us.map を読み込んで Caps Lock だけを変更する。 この時、Shift + Caps Lock の場合は Caps Lock としてみる。
キーマップファイルは gzip 形式で圧縮する必要があるので圧縮し、所定のディレクトリに格納する。
# cat << EOF | gzip -c > /lib/kbd/keymaps/legacy/i386/qwerty/us-nocaps.map.gz
include "us.map"

keycode 58 = Control
    shift keycode 58 = Caps_Lock
EOF
    

キーマップファイルの準備ができたら loadkeys コマンドでキーマップを読み込み挙動を確認する。

# loadkeys /lib/kbd/keymaps/legacy/i386/qwerty/us-nocaps.map.gz
Loading /lib/kbd/keymaps/legacy/i386/qwerty/us-nocaps.map.gz
    
Caps Lock キーが Control に、Shift + Caps Lock キーが Caps Lock になる事が確認できたら、 起動時にキーマップが読み込まれる様に /etc/vconsole.conf ファイルを編集する。
# cp /etc/vconsole.conf /etc/vconsole.conf.orig
# sed '/KEYMAP/ s/us/us-nocaps/' /etc/vconsole.conf.orig > /etc/vconsole.conf
    
これで再起動しても Caps Lock は Control となる。

トラックバック
https://blog.bsdhack.org/index.cgi/Computer/20190418.trackback
コメント














メッセージ: Ready to post a comment.


Copyright © Mitzyuki IMAIZUMI 2008,2009. All rights reserved.