2008/12/10

GNU Bourne-Again Shell を便利に使う

対話シェルとして使用する bash (1) の コマンドライン履歴機能の便利な使い方。
bash (1) のコマンドライン履歴機能のうち イベント指示子、単語指示子、修飾指示子は オンラインマニュアルにも情報が少ないが、 慣れると非常に便利でキータイプ量も減るので是非マスターしておきたい。
以下の文中で nm は任意の整数、 foobarbaz などは任意の文字列を示す。

機能一覧

イベント指示子
!! 直前に実行したコマンドを実行する
!-n n 回前に実行したコマンドを実行する
^foo^bar
!:s/foo/bar
直前に実行したコマンドの foobar に変更して実行する
!:gs/foo/bar 直前に実行したコマンドの全ての foobar に変更して実行する
!foo foo で開始されるコマンドを実行する
!n
n 番目に実行されたコマンドを実行する
単語指示子
!:n 直前に実行したコマンドの n 番目の引数を取得する
!^ 直前に実行したコマンドの 1 番目の引数を取得する
!$ 直前に実行したコマンドの最後の引数を取得する
!* 直前に実行したコマンドの全ての引数を取得する
!:n* 直前に実行したコマンドの n 番目から最後までの引数を取得する
!:n-m 直前に実行したコマンドの n 番目から m 番目までの引数を取得する
!:-n 直前に実行したコマンドの最初から n 番目までの引数を取得する
!:n- 直前に実行したコマンドの n 番目から最後の 1 個前までの引数を取得する
修飾指示子
:p コマンドを表示のみして実行しない
:h パスのファイル名部分を取り除きディレクトリ名を取得する
:t パスのディレクトリ名部分を取り除きファイル名を取得する
:r ファイル名の拡張子を取り除き "." の前を取得する
:e ファイル名の拡張子を "." 付きで取得する

イベント指示子

  • !!
  • 直前に実行したコマンドを実行する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ !!
    echo foo bar baz
    foo bar baz
    

  • !-n
  • n 回前に実行したコマンドを実行する (複数のコマンドを繰り返して実行する場合に便利)
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo FOO BAR BAZ
    FOO BAR BAZ
    $ !-2
    echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ !-2
    echo FOO BAR BAZ
    FOO BAR BAZ
    

  • ^foo^bar
    !:s/foo/bar
  • 直前に実行したコマンドの foobar に変更して実行する (下のパターンの場合 "/" は任意の文字に変更が可能)
    $ echo foo foo foo
    foo foo foo
    $ ^foo^bar
    echo bar foo foo
    bar foo foo
    $ echo foo foo foo
    foo foo foo
    $ !:s/foo/bar
    echo bar foo foo
    bar foo foo
    

  • !:gs/foo/bar
  • 直前に実行したコマンドの全ての foobar に変更して実行する ("/" は任意の文字に変更が可能)
    $ echo foo foo foo
    foo foo foo
    $ !:gs/foo/bar
    echo bar bar bar
    bar bar bar
    

  • !foo
  • foo で開始されるコマンドを実行する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ touch foo bar baz
    $ !ec
    echo foo bar baz
    foo bar baz
    

  • !n
  • n 番目に実行されたコマンドを実行する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo FOO BAR BAZ
    FOO BAR BAZ
    $ !1
    echo foo bar baz
    foo bar baz
    

単語指示子

  • !:n
  • 直前に実行したコマンドの n 番目の引数を取得する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo !:0
    echo echo
    echo
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo !:2
    echo bar
    bar
    

  • !^
  • 直前に実行したコマンドの 1 番目の引数を取得する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo !^
    echo foo
    foo
    

  • !$
  • 直前に実行したコマンドの最後の引数を取得する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo !$
    echo baz
    foo
    

  • !*
  • 直前に実行したコマンドの全ての引数を取得する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo !*
    echo foo bar baz
    foo bar baz
    

  • !:n*
  • 直前に実行したコマンドの n 番目から最後までの引数を取得する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo !:2*
    echo bar baz
    bar baz
    

  • !:n-m
  • 直前に実行したコマンドの n 番目から m 番目までの引数を取得する
    $ echo foo bar baz FOO BAR BAZ
    foo bar baz FOO BAR BAZ
    $ echo !:3-5
    echo baz FOO BAR
    baz FOO BAR

  • !:-n
  • 直前に実行したコマンドの最初から n 番目までの引数を取得する
    $ echo foo bar baz FOO BAR BAZ
    foo bar baz FOO BAR BAZ
    $ echo !:-4
    echo foo bar baz FOO
    foo bar baz FOO
    

  • n-
  • 直前に実行したコマンドの n 番目から 最後の 1 個前までの引数を取得する
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ echo !:1-
    echo foo bar
    foo bar
    

修飾指示子

  • :p
  • コマンドを表示のみして実行しない
    $ echo foo bar baz
    foo bar baz
    $ touch foo bar baz
    $ !e:p
    echo foo bar baz
    

  • :h
  • パスのファイル名部分を取り除きディレクトリ名を取得する
    $ echo /foo/bar/baz
    /foo/bar/baz
    $ echo !$:h
    echo /foo/bar
    /foo/bar
    

  • :t
  • パスのディレクトリ名部分を取り除きファイル名を取得する
    $ echo /foo/bar/baz
    /foo/bar/baz
    $ echo !$:t
    echo baz
    baz
    

  • :r
  • ファイル名の拡張子を取り除き "." の前を取得する
    $ echo foo.c
    foo.c
    $ echo !$:r
    echo foo
    foo
    

  • :e
  • ファイル名の拡張子を "." 付きで取得する
    $ echo foo.c
    foo.c
    $ echo !$:e
    echo .c
    .c
    


Copyright © Mitzyuki IMAIZUMI 2008,2009. All rights reserved.